プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/09/26 (Tue) 07:23
安倍晋三の身勝手解散

憲法を蹴飛ばし、カミさんや腹蔵の友をひたすら守るために、やりたい放題の安倍晋三が疑惑隠し解散を強行します。

日本人はいつまでこの低俗な奴を首相とし続けるんでしょうか。

権力は己の欲望のために存在するとしか考えていない、明らかに政治家としての資質に欠けている政治屋そのものの行状.があからさまな男を、山口の選挙民はどう考えているのか聞いてみたいものです。

それに、ヒトラー大好きで避難民が来たら虐殺することを公言したあの麻生。

この男も何をしても何を言っても絶対当選すると思っているから、全く危機感がない。
飯塚の選挙民は人としての品性に欠ける男を無条件に当選さ続けていることに恥を感じないのか。

昔々、東京にいた頃、当時交際していた女性の出身地が新潟三区ということを聞いた時、彼女の実家は田中が何をしようが新潟三区に必要な人物だと言っていたそうな。

結局国会議員という国政に大きな影響を及ぼす立場でありながら、選挙区に国税を湯水のように注ぎ込んで選挙区の住民がいい生活になれば、結果として国会議員になれるという今の仕組みを考えると、安倍にしても麻生にしても、つまるところ一地方の選挙区だけが豊かになれば永久的に国会議員になれることを利用しているわけで。

そこで私の提案、というより以前から言われていたことですが、今の投票の仕組みは当選させたい人の名前を書きますが、もう一枚投票用紙を増やして、こいつだけは落としたいという人の名前を書かせるようにしたらもう少し投票率は上がるんじゃないでしょうか。

支持できる奴はいないけど、何があってもこいつだけは落としたいという奴はゴマンといますものね。

私に言わせれば、自民党議員はほぼ全員、公明党は全員、維新の党も全員ですが、ん~、絶対落としたいというやつを書くための投票用紙が何枚あったらいいんだか・・・


2017/09/16 (Sat) 10:10
キャンキャン吠える犬

北朝鮮の暴走が、いくら国際的に孤立しようが、暴走が止まりません。日本列島を核爆弾で沈没させるとか恐ろしい発言も平気で出す理性も何もない国家ですが、国というよりキムによるキムのための国家ですので、キムの意向なんでしょうか。

戦前の日本と同じように国際的に孤立しているようですが、大きな違いは、当時の日本はそれこそドイツ、イタリアのヨーロッパのファシスト国以外に味方になる国はなかったのですが、北朝鮮に関してはアメリカや日本、韓国がいくら目尻を釣り上げても、中国やロシア、東南アジアなど北朝鮮と交流している国が意外に存在することでしょう。

それに、在日朝鮮人はそれほどの危機感を持っていないようです。
というのも、本気でアメリカと戦争したら壊滅することは分かりきっているので、所詮は弱い犬が吠えるのと同じということのよう。

しかしキャンキャン吠えるだけならトランプも安倍も同じようなもの。
この二人を見ると、知的レベルの低い者同士のトランプと安倍が波長が合うのも分かるし、ひょっとしたらキムとも波長が合うかもしれない。

波長の合う者同士、顔を合わせてトランプ-安倍のような見え見えの仲良しごっこをキムも交えてすれば少しは世の中、平和になるのじゃないかいな。

キムも経験が少ない若いときに権力を引き受けたから、かなり突っ張ってんだろうと思います。その証拠に、側近を気に入らないと言うだけで粛清することで恐怖を与えて言うことを聞かせているんだろうと予想しますが。

いつの間にか権力は剥奪され、家庭内序列が最下層になっていることに気がついた時にはすでにパルチザン的権力剥奪闘争をする気力も失せてしまった、瞳が横長になった私の感想です。(^_^;)


2017/09/03 (Sun) 08:35
縦長瞳と横長瞳の違いってなぜ

以前から瞳が縦長の動物と横長の動物、丸い動物の3種類が居ることに何故なんだろうと疑問を持っていました。
いままでそういうことを毎日思っているわけでもないので特に調べるわけでもないままで過ごしていましたが、昨日ちょいとサクサクとネットで調べてみました。

妻にこんな疑問を持ったことがあるかどうかを聞いた所、持ったこともないという返事。
ヤッパリネ

何故と思うとますますわからない。

猫は縦長なのに同じネコ科のトラやライオンはなぜ丸いのか。縦長になる動物は他にもイヌ科の狐やワニ、蛇、カエル等が居ます。横長瞳の動物は羊や山羊などの、いわゆる草食動物でおとなしい系。日本人もよく例えられますね。無能権力者の横暴に対してもデモさえもしない羊のような国民だと。

トトトトそれはさておき、猫は縦長なのにライオンやトラはなぜ丸いのか。

調べた結果を簡単に書けば、縦長瞳の動物は捕食動物で、縦長に瞳を絞って光量を調整することで背景をぼかして対象となる動物をくっきりと浮かび上がらせる効果があるそうな。
歴史的に猫は夜行動物で瞳を絞ることで光を効果的に取得でき、また草木などの縦長の存在を消せるようになった進化の結果だそうです。同様の傾向は狐や蛇なども言えるようですね。

トラやライオンなどの大型ネコ科動物は、昼間でも動物を捕獲することができるので丸い瞳のままだそうな。つうことは、瞳が丸いってことのほうがプライマリーなんかいなとまたまた新たな疑問ですが、それはまたの機会にして。

山羊や羊の横長の瞳は、襲われたときに水平面の状態を見ながら逃げる方向をいつも確認し出来るようになったんだそうな。

へえぇー、そうなんだと横長瞳になった私がソファーに座っている妻の背中にこういうことなんだそうだと声をかけところ、あらそう、と言いながらふりむいた妻の顔に

エッ!(*_*)



2017/09/01 (Fri) 16:51
サッカーの話題と無関係ですが4悪人のこと

遅くなりましたがサッカーの日本代表がワールドカップ出場を決めました。

私が見るスポーツ番組は格闘技系とサッカーで、野球は全くと行っていいほど見ませんし、サッカーを真似してワールドカップ(だったっけ?)をやっているようですが、所詮世界的にもマイナーなスポーツだし、大リーグは全く無視している試合に日本だけが「サムライジャパン」とか言って盛り上がっているようですが、すみません、全く興味がない。

大リーグで通用しなかった選手が日本に帰ってきて活躍するという記事を見ても、どれだけ日本のプロ野球のレベルは低いんだと思い知らされますし、そんなレベルの野球を見させられるのも辛い。

野球はとにかくカッタルイの一言ですが、サッカーのワールドカップは世界的なスポーツだけに盛り上がりますし、いつも選手が動いているという躍動感や、いつ攻守が入れ替わるかわからないというハラハラドキドキも野球にはまったくない。

だからTVでいつも野球を放送している時間帯では全くTVも見ないんですが、サッカーのワールドカップ予選で、勝てばワールドカップに出場できるとあれば流石に昨日は見ました。選手も世代交代のようで知らない選手も多かったです。

さてさてワールドカップでは予選突破が最初の目標でしょうね。
ガンバ

というところで、ヒトラー大好きの麻生がまたまた頭の悪さを露呈しました。いやはやこの人は何も学ばないなー・・・・
今の政権は、安倍を筆頭に頭の悪い連中が権力者になっているという事実を知るに連れ恐ろしいことです。

そんななかで過去の首相経験者が集まって馬鹿騒ぎをしたという画像

http://www.sankei.com/photo/daily/expand/170824/dly1708240009-p1.html

を見ましたが、安倍以上に頭の悪さをさらけ出した森の馬鹿笑いしている写真を見ると、全くこの国は戦後もこれだけ経ってもこいつらのような無能な権力者が権力を握っているという状況は戦前と変わらないな~と思いましたね。

それを悲観して、戦争責任を負わなかった無責任親父の行為に国民に対して謝罪の姿勢を見せ続けた今上天皇は、戦前回帰をねらう安倍を見限って引退すると言ったのじゃないかなと思っています。

森、小泉、麻生、安倍という4人のおバカ政治屋共のせいでこの国がどれだけだめになったのかは誰しも思っているはずですが、それにしても国税を無駄遣いした奴らが馬鹿騒ぎする姿を有権者はなんと思うかを理解できないのかな。特権意識丸出しのおぞましい姿。麻生以上に頭が悪すぎる。

こんな連中を支持している国民も情けないなー

この国はTVが盛んにヨイショしているような素晴らしい国なんでしょうか。
民度の度合いは高くとも政治意識の低さに思うことは、この4悪党を駆除できない国は本当にまともな国なんでしょうか。



2017/08/12 (Sat) 05:50
JR長崎駅のアミュプラザ

昨日、所要で長崎まで行きました。

JRでしたが、長崎駅に着いたのが12:30過ぎでお腹が空いていたので、長崎人のソウルフードであるちゃんぽんを食べようと思いましたが、駅から電車通りを挟んで向かい側のちゃんぽん専門店に行くにはあまりにも暑かったので、駅構内にあるアミュプラザ内の5階にある食堂街で中華料理店でちゃんぽんを頼みました。

中華専門店だから大丈夫だろうと。

長崎はちゃんぽんが有名ですが、有名と味がリンクしていないのがここン十年もの傾向。名物に旨いもの無しと言われていますが、入った店は中華専門店。まあ間違いがないだろうと思いました。

店は子供の夏休みでしかも最近制定された「山の日」という祭日でしたので結構な混み具合でしたが、あまり待たされることもなくちゃんぽんが来ました。

が、ん?ちゃんぽんの美味しそうな独特の香りがしないぞ?と思いながら麺をすくい上げると、具材のキャベツがほとんど芯材。なんじゃこりゃ。

要するに見事な手抜きですね。食べた感想として、ボロボロのキャベツの芯だらけのちゃんぽんもどきは、スープにも麺にもなんの味もしない、不味いだけの麺料理。

こりゃ、リンガーハットのほうが遥かに美味しい。

長崎駅構内にあるアミュプラザの食堂街はJRで帰った時には時折利用しますが、いままだ一度でもここは美味しいと思える店はありませんでした。

前に入って美味しくなかった店には二度と近づきませんので行くたびに違う店に入りますが、やっぱりまたそこも美味しくない。

今回のちゃんぽんもそう。

テナント料が高いので材料をケチってるのかどうかはわかりません。
来客数は結構なものですが、こんなこと続けていたらその内誰も入らなくなるんじゃないかなー   

それともその中華料理屋でのちゃんぽんだけが不味かったのかなー

残念っ!!



2017/08/07 (Mon) 07:51
降水量が異常に増えてきています

台風5号は九州に上陸するかと思わせながら鹿児島をかすめて、いま四国沖を東にノロノロと動いている様子です。
たく迷惑なやつですが、しかしホトホト日本列島は台風の動きにシンクロするような形で存在しているな~と思わざるを得ません。

我々が建物を設計する際に、軒樋や竪樋の大きさの検討の目安として屋根面積から算出します。その根拠となる計算式は
降水面積×最大降水量(mm/h)/100 で行いますが、問題はこの「最大降水量」。

以前は100mm/hを超える降水量は数十年に一度という意識で居ましたが、いまや毎年のように何処かで起きて居ます。今度の台風のようにノロノロとした動きならば、8月の一ヶ月分の平均降水を一日で達してしまったという報道をさんざん目にします。

そうなると、道路側溝の排水口の大きさなども上に書いたような計算式で決めたものが全く役に立たず、排水口に流れ込んだ大量の雨水が処理できなくて噴水のように逆噴射している画像を目にすることも多くなりました。

建物の耐震係数の見直しの動きもありますが、こういう雨水排水計算式も早急な対応が必要になるのでしょう。

行政側も東京や福岡市には地下に巨大な貯水槽を作って道路の冠水を緩和する工事が進められています。

地球温暖化の影響で日本も亜熱帯気候になりつつあることを理解すれば、雨の降り方も以前のシトシトピッチャンという風情のある状態でなくなっています。

どういう表現になるのでしょう。ガーとかゴーとか?
それじゃ歌詞になりそうにないですよね。

「長崎は今日も雨だった」なんつう歌も、「長崎は今日も豪雨だった」なんてタイトルだったら、それこそ心配になっておちおち聞いてられませんものね。

と話はくるりと切り替わって、GOOGLEのGmailを使っている人、多いでしょうか。私もプライベート用に使っていますが、これが宣伝広告が頻繁に入り、実にウザい(すみません、若者ことば、使いました)。九州弁なら、しぇからしか。

そこで、このしぇからしかメール受信を拒否する設定があるので紹介します。もうすでに設定された方や、スマホは使ったことがないのでスマホでの設定が同じかどうかはわからないことは先にお伝えします。

さて、Gmailの受信画像で、右上の歯車マークをクリックし、そこの「設定」をクリック。
「受信トレイを設定」をクリックすれば、ズラッとフォーマットでの受信設定の項目が並びます。
そこで一番上のチェックだけを残し、「ソーシャル」「プロモーション」のチェックを外します。
最後に「設定」を押すと、「本当にこれでいいのかよ」みたいな文言が出ますが、え~い、うるせーぃ。いいったらいいんじゃわい
と情け容赦なく設定をクリックすれば、Gmailの上の方にあった2つの項目が消えています。

これで勝手に送りつけてくるしぇからしか広告メールを遮断できます。ただし、Gmailアドレスで直接送られてくる広告には対応できないのでご了承ください。

今日はなんだか支離滅裂でした。





2017/08/05 (Sat) 02:17
台風が来ています。

大型の台風が九州に上陸しそうです。予想進路に当たる方、くれぐれもご注意ください。

この国にはいつも災害の被害者がいなくなることがありません。

大水害だとか地震の被害にあわれて未だに自宅に戻れず、避難所生活をやむなく強いられている方々が多数存在するにも関わらず、再び自然災害は容赦なく繰り返し襲ってきます。

この国でいつになったら全ての被害者が元の暮らしに戻れて、被害者が存在しない状態になるのでしょうか。

事件事故災害のニュースを見るたびに、昨日までにこやかに暮らしていた人がその翌日には居なくなるという理不尽さに胸が痛む思いです。

たしかに一寸先は闇と言いますが、我が身は大丈夫と確信を持って言えないのが事実でしょう。

皆様、くれぐれもご安全に。



2017/08/04 (Fri) 08:29
またもや論功行賞ですか、安倍晋三よ

  森友学園問題で知らぬ存ぜぬ、資料は捨てた、調査は必要ないと国民側ではなく政権にもろにゴマすりをシた佐川宣寿が、その論功行賞で国税長官に出世したのもつかの間、今度は松山政司が共謀罪法案で、委員会裁決を省いて中間報告という形で成立を強行させ、民主主義国家の参議院の国会の審議を無視して露骨に安倍への忠誠心を露わにしたことの論功行賞で、一億総活躍少子対策相に出世しました。

安倍晋三がまたぞろ真摯に反省すると殊勝な顔をして頭を下げましたが、もうこの男の嘘の上塗りは見破られているということに気が付かない頭の悪さ。真摯に反省などシているわけがない証拠が、この松山という男の論功行賞の出世に現れています。

やれやれ、とんでもない奴らがこの国の国家に巣食っているいるわ。それをまた至極当然のように佐川のときもシレッと、記者会見で、何をお前らがぐたぐた言っているんだというような傲岸不遜な顔をして麻生が、当然の人事異動だとほざいたのも記憶に新しい。

麻生といい松山といい、両方共福岡県の選出国会議員。

どこでもしょーもない奴らが国会に行くのもそんなやつを選ぶ国民の方に問題有り。

麻生は飯塚の麻生グループの御曹司で、未曾有(読めるかな、麻生くん)の大金持ちで、しかも飯塚方面は麻生の子分だらけといえば、選挙では特に何もしなくても勝てるという傲慢になるのも当たり前の状態。

そんな男を国会に送り出した飯塚の選挙民は反省してほしいものです。

この男の弟が、今福岡の九経連の代表。福岡は麻生一族に牛耳られているようなものです。その状態を鑑みると、血縁地縁に縛られた福岡ってところはどれだけ田舎だと思わざるを得ません。

さてさて、この松山政司。参議院の存在価値を損なわしめた論功行賞であれば、いづれは自ら首を絞めることになるでしょうが、しかし問題は福岡選挙区。

自民党が何をしようが、自民党が勝つというところです。

やれやれ、日本は変わらんぜよ。



2017/08/02 (Wed) 07:36
長時間同じ姿勢を続けたために腰を痛めました

3日前、パソコンに向かって設計にあまりにも集中しすぎたせいか、夕食時に立ち上がった途端、左の腰部分がズキッ!
テテテテテ。
同じ姿勢をかなりの時間続けてしまったせいだとわかりますが、まさかの腰痛。

歩く時はまるで能の踊りみたいにソロリソロリと。手を洗うに洗面器に向かって前かがみになった途端に、テテテテテ(T_T)

三日前って、日曜日だろ?という疑問を持たれたかた、鋭い。

この業界、ブラックそのものなんですが、まあ設計事務所の個人営業とは言え代表者であれば、土日、深夜早朝関係ありません。たまの日曜日に、今日はゆっくりスッペ。と思って本を開くにも、目は字を追っているはずが頭の中はプランの検討。アーデモナイコーデモナイ、こうすればどうかと始まったら、もう本なんて読んでいられません。

すぐにパソコンを立ち上げて頭のなかに浮かんだアイディアを検討し始めます。そこは自宅件事務所の良さといえばいいんですが、まあ、公私の切り替えがむづかしいのは間違いのない所。

しかしこうやって思いついて直ぐに仕事ができるメリットは何者にも変えられませんが、また休日出勤?する羽目になります。

でもね、仕事が好きだから仕方ないですね。仕事があるというだけで幸せです。仕事がなくて毎日が日曜日の精神的な忍耐の日々を送ることを考えたら、やることがある、必要とされていると思えることは幸せです。

手と手のひらを合わせて・・・と言う仏壇のTVCMがアリますが、そんな感謝感謝の心境です。

心を失っている間に、嘘つき稲田は辞めた途端にニコニコ顔。なんで?
隠蔽したという責任感ゼロ。

よくまあこんなやつが弁護士していたよと思うのは私だけでしょうか。度々書いていますが、本当にこの国の弁護士って奴らは、橋元をはじめとしてろくなやつはいないなーというのが実感ですが。






2017/07/29 (Sat) 13:48
歴史上の架空の話の紹介

とある時代のこと、出場者は城主のA、その腹蔵の友K、Aの家来のH

AとKとHが、城下で毬打を興じているとき

K:俺さ、今度犬猫の医者を育てる学校を作ろうと思うんだよね

A:どこでじゃ

K:四国の今治藩のところ

H:それは結構な話でござるが、なにせ同様の意向を京都の京都の某藩主も持っているそうでござる

K:そこでさ、ワシだけに可能になる方法、ないもんかね。

H:さすれば、特別な省文を発行して、H殿だけが有利なように取り計らえますぞ。殿、いかがでございましょうか。

A:ん、よきにはからえ

H:ははっ


ということで、HはAの意向を忖度して、Kに有利になるような省文を出させた様子でございます。その省文で京都の某藩はすっぱり諦めたということ。

この殿は後になってそういう小細工がバレても、Aはあずかり知らぬこと、家来が勝手にやったことと言い募るようです。

嘘を塗り固めたほころびを追求されると、印象操作という新たな言い訳をひねり出し、疑問に対してその言葉を連発して真摯に対応しない姿勢を見せると、Aの愚かな信者たちもさすがは殿じゃと拍手喝采だったそうな。

しかし、嘘つきAは、かばいまくったメガネの愛人Iの稚拙な行動が原因で徐々に民衆から見放されてきた、ということのようです。
Aと性格が似ているというIも嘘をつきまくったあげく矛盾が露呈し、行き詰まってAに愛人を辞退する旨を申入れ、Aにもやむを得ず受け入れたそうな。

民衆は、なぜAは責任を取って切腹しないのかと詰め寄るのも時間の問題でしょう。

は?何かの問題とそっくりですって?

いえいえ、これ、あくまでも私が創作した某国の歴史上の架空の話ですが。


| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE