FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/07/29 (Mon) 14:32
「士業」に入れてもらえない建築士

母が亡くなった後、母の所有財産の相続手続きで長崎の税理士事務所や司法書士との打合せを、兄弟三人ですすめています。

主に東京在住の長兄が中心になってしていますので、私はその協議中はただ座ってればいいという気楽なものですが、そこで我々建築事務所の契約関係と税理士や司法書士の業務報酬に関する契約関係の大きな違いが見えてきました。

我々は業務報酬額はとりあえず告示で提示されている報酬額を得られるように努力しましょうという事になっています。そしてその段階で契約金額が決まれば、仮にそれ以上の予想外の手間がかかっても、依頼者からの条件が変わらない限り、増額などの変更はできないものと認識しています。
つまり、予想外に手間がかかろうが当初の契約金額で業務を遂行する義務があります。

ところが、いま上記した税理士事務所や司法書士事務所との業務報酬額に関して、彼らはとりあえず預かり金額としての契約形式を取り、最終的に精算という形になるとのこと。預り金という名目なので、手間がかかったらかかった分だけ増額の請求ができるということです。

税理士事務所や司法書士事務所業界では当たり前の方式なのかは今までに依頼した経験がないのでわかりませんが、一旦契約した以上は赤字になってでも業務を遂行する義務がある我が業界に比べると、なんとも恵まれた方式です。

基本設計の段階で、一つの案が生まれてももっと他にいい案がないかと何度も何度も検討することで手間も時間もかかってしまうことが当たり前のように起きるため、アッチャーまた赤字だよ、とぼやきながら仕事をすることが度々の経営能力ゼロに近いビンボー設計事務所を運営している我が身からすれば、なんともうらやましいシステム。

建築設計業界にはこういう方式は取り入れることは無理なんでしょうね。未だに設計料は無料と謳っているハウスメーカーや工務店などがわんさかありますからねー。

こんなふうに業界内でも足の引っ張り合いをしているから、例えばWEBサイトで何かを申し込む際に、「職業欄」に出てくる「士業」には、「弁護士」、「税理士」、「司法書士」、「公認会計士」、「不動産鑑定士」、が出てきますが、「建築士」は出てきません。

アメリカやヨーロッパでは、医者、弁護士、建築家と、三大職業の中に含まれているはずなんですが、この国では相変わらず「士業」のカテゴリーにさえも入っていないってことですね。



スポンサーサイト



<< 初盆顛末 | ホーム | 被害を受けた京アニメの建物に関して >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP