FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/03/05 (Tue) 10:18
建築基準法改正講習会を受けて

昨日、国交省主催の基準法改正のための講習会に参加しました。
雨模様でしたので、運転が好きじゃない私ですが、やむなく車で向かいました。

開始時間のだいぶ余裕を見てでかけましたが、天候のせいかやはり車が多く、予想外の渋滞。ま、考えることはどなたも同じなので。

開始10分前には会場に到着したものの、今までスキルアップと新しい知識を学ぶためにも講習会なるものには結構積極的に参加してきましたが、これほどぎっしり入っている講習会は久しぶりに目にしました。ざっと300人以上は入ると思われる会場はすでに満席状態。

たしかに時間ギリギリではあったものの、こんなに出席しているとは予想もしませんでした。
三人がけのテーブルは当然のように真ん中しか空いておらず、それも隣が女性なら気を使うので、むさ苦しいオッサン(と、加齢臭撒き散らせている私が書いています(^_^;))の間に座らせてもらいました。

改正された今年度版の建築基準法の本はすでに購入していましたが、講習会のメインの主旨は、現在検討中という改正条文を取り上げていました。
つまり、来年はこの講習会で取り上げる改正条文が国会で承認されれば施行されるということを意味します。

ヒエ~(T_T)

せっかくようやく改正箇所の条文をオボロゲながらとはいえ覚えたのに、今度はたっぷりの量に戦意喪失です。

ハァ~、やれやれ(-_-)

おまけに、建築基準法の各規定内容が仕様規定から性能規定に移行しつつあるためなのか、その性能を確保するためでしょうか、やたらと新しい計算式が増えています。

そりゃまあ建築といえば確かに工学部にあるとはいえ、いままで実務で三角関数や加減乗除だけでやってきたのに、高校時代に経験してきたはずのマイナス乗、分数乗など、いまやすっかり忘れてしまった計算式を目にしました。
改めて、ああ建築は理系だったんだと気が付かされましたものね。

こうなると使用頻度が低い関数電卓の出番が増えそうです。

ソフトがあるとはいえ、すでに施行されている建築物省エネ法で泣かされていますが、これからそうした計算が確認申請の段階で要求されるのがますます当たり前になってくるのでしょう。

会場で確認申請時に担当していた県の担当者も数名目にしましたが、確認審査窓口の担当者や民間の審査機関の担当者も大変だろうなーと、半分他人事のような・・・・

このブログを見てくださっている数少ない同業の皆様がた、この講習会は各地で開催されているようですので、資料だけも手に入れておいたほうが良さそうですよ。

国交省のサイトでダウンロードできるのかもしれません。確認していませんが。






スポンサーサイト



<< 早朝ウォーキングでの出来事 | ホーム | 公園のベンチの光景が・・・ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP