FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/02/16 (Sat) 08:51
ゆでガエルの日本人

国会の審議をニュースで目にしますが、安倍政権から野党は完全になめられているという実感を受けますね。麻生の態度の悪さや野党の追求に対してもヘラヘラして舐めきっています。それと同様に、安倍も野党が何を追求しようが屁とも思わない傲岸不遜な態度を目にすると、実に不愉快な気持ちになってしまいます。

いやしくも国民の代表で野党議員を舐めるということは、取りも直さずその野党議員を選んだ選挙民、つまり国民を舐めているということになります。そういうおぞましさに安倍晋三を始めとする麻生や菅などが権力を握っている今の権力者共には思いがいたらない様子。

やはりどうしようもない頭の悪さを実感します。
思えば、このレベルの頭の悪い連中が政権を握って以来、日本人の品格が落ちるだけ落ちてきているように思います。

いくら野党連中が追求しようが国会審議を中断しようが、結局国民の支持率は変わらないし、ということは野党連中のやることはなんの痛みも感じないという高をくくっている態度がありありです。

菅が記者会見で、まっとうな質問をする東京新聞の望月記者に対して発言を抑えこもうとする姿勢がありました。

それには自民党広報誌の読売でもさすがに問題視した様子ではありますが、権力側に都合の悪い質問を押さえつけようとする姿勢は独裁への道に繋がります。

このへんは自民党安倍晋三の親分であるトランプとの相似形。

日本の記者クラブは権力者と仲良しこよしで、その仲間意識から外れた質問は控えましょうという、日本人の特質である仲間意識を乱すことは避ける意識が働いています。
権力批判することが報道機関の存在意義がある認識が強い諸外国からは痛烈に批判されていますが、未だに変える気配もありません。

TV朝日の社長も安倍晋三と一緒に食事をするような仲良しになったら権力を批判する報道が目に見えて薄らいできた事態に至っては、その新聞社やTV局のニュースには信頼性が持てるはずもなく。
やはりTV朝日の久米宏が司会をしていた旧ニュースステーションは、時の権力者を厳しく追求していた姿勢を評価していましたが、いつの間にか政権批判をすることを避け、提灯持ち番組に変貌したようです。政権に批判的な女子アナウンサーを番組から降板させ、毒にも薬にもならない連中を選んでいます。

これは今の社長になってから顕著になっている様子。

NHKのクローズアップ現代でも、権力者へ忖度無く厳しく追求していた国谷裕子さんを降板させ、毒にも薬にもならない番組に変えました。

安倍シンパのNHK、極右愛読紙の産経新聞系列のフジTV、自民党広報誌である読売新聞系の日本TV等は権力にお気に入りにですので、もとよりそうした放送局のバイアスがかかったニュースに信頼が持てるはずもなく。
いまやこの三社に朝日新聞系のTV朝日が加わりました。

この国ではウォーターゲート事件のような権力の腐敗を暴く気骨のある記者が生まれてくるのか、甚だ心もとなく思います。

情けないのは、このような国民をなめきった態度を見せている安倍一味を支持し続けている有権者。

安倍晋三に媚びる芸能人が大きな態度で番組に顔を出し、批判した芸能人は干されるこの国の番組構成がまともかどうか。物事を冷静に判断できる人ならわかるはず。

低能権力者から国家の主権者である有権者がバカにされていると意識しないことが、安倍一味による沖縄の民意も全く無視し、アメリカの手先になって沖縄人民を抑圧し続けているという事態を許しています。

そのことはとりもなおさず憲法改正反対の国民の民意を無視した挙げ句、憲法を強引に変え、日本を戦前の体制に戻す姿勢を変えない安倍晋三や支持団体である国粋主義思想の日本会議の思惑通りになる可能性を孕んでいる危機感を持ち合わせていない。

危機感を持たないまま、まあ安倍ちゃんでええんでないかえ、という気楽さが、安倍晋三と日本会議が小出しにし続けている独裁への道に気が付かないで、はっと気がついたとき<今の日本人にそんな時があるのか甚だ疑問ですが。>にはもう手遅れになっていた<ゆでガエルの日本人と言われるでしょう。>というナチスが独裁政権を握った経緯から学ばないのかが恐ろしい。

いやいや、ナチスの時は国民の大多数が支持していましたね。

なんだか今の安倍政権との相似形が不気味です。



スポンサーサイト



<< 私の携帯がいよいよ寿命に近づいてきました | ホーム | レオパレス問題 >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> まともな政治を…と祈るだけです(T_T)

本当にそう思います。しかし、まともな政治をしないあんな連中を選んだのも我々なんですよね。二階堂が、次の総理も安倍だと言っているそうな。いよいよ安倍独裁政権の足音が高くなってきました。
あの無謀な戦争を起こした時代の政治屋や官僚の腐敗を経験したにもかかわらず、日本人全体が真摯に総括しなかった結果、またぞろ同じような無能で危険な政治屋を生み出してしまいました。

我々の子孫が、安倍を首相に選び続けた現在の日本人を嘆く時代が来るのが目に見えそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP