FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2018/09/11 (Tue) 08:54
祝!大坂選手全米オープンテニス制覇

今年は次から次に災害が発生し、避難生活を強いられている人がゼロになるどころか増えるばかりの状況という近年稀に見る災害多発の年になっています。

経済的に、また日常生活のうえでも閉塞感が募っている状況で、国民が持つ鬱積感を知りもせず、のほほんと権力ゲームにうつつを抜かし、お座なりな被害者への見舞いを繰り返すだけの真心のない政治家失格の首相を担ぐ我が国民の不幸を象徴するかのような状況に国民が疲弊してきているなかでも、日本人がリセットできるように一陣の涼風のような出来事が起きます。

金銭亡者の傲慢な態度が目につくIT長者ばかりが目立つ近頃ですが、尾畠さんのような利他主義的な人が現れて、日本人はまだまだ捨てたもんじゃないぞと喜びましたが、今度は全米オープンテニスで大坂選手が優勝しました。

新聞休刊日だったので詳細が知りたくてもTVのニュースとネットのニュースしか目にできなかったというイラつきはあったにしても、快挙に胸がすく思いでしたが、それにしても残念なのはアメリカの観客と全米テニス会長の態度。

正々堂々と試合をした結果にもかかわらず、自国の選手が優勝しなかったからといって難癖をつけました。
さらに全米テニス会長も我々が望んだ結果ではないとのコメントを出すに至っては、やっぱりこの民族は自分たちが何でも一番じゃないと気に入らない。ましてや相手は属国の選手。そんなものは認められないとでも思っているのでしょう。

精神異常者のトランプを大統領に祭り上げた民族ならば、こうした非礼極まりない態度は予想できるにしても、トランプ出現まではこれほどのあからさまな態度は腹に据えかねたとしても目にすることはあまり無かったはず。それを考えると、いまやアメリカの民度は国際的に地に落ちていることを自ずから示したようなものです。

大坂選手の優勝トロフィーをブーイングを受けながら掲げたシーンでも、過去これほど悲しそうな顔をした優勝者はいなかった。

しかし、殆どの日本人は祝っていることを知ってほしいものです。


スポンサーサイト

<< 確認審査段階で驚いた話Ⅰ | ホーム | 台風21号 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP