FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2018/06/13 (Wed) 15:28
車検に出したときのディーラーと民間車検場の違いがよくわかりました

車を車検に出しました。

この車検制度という代物は以前調べたところによると、真贋の程はわかりませんが大正時代の制度を残したようでうす。大正時代なら車の性能も想像できるので、ある意味人間の健康診断みたいなモノと思えば納得いきますが、今のご時世で大正時代の車の性能に対応した同じ制度が残っていることに、日本という国の庶民からなけなしの金を分捕って官僚どもが無駄遣いできる仕組みを残す役人天国体制そのものを実感します。

今でこそ新車からの最初の車検は3年目になっていますがそれ以降は2年毎ですので、2年毎に馬鹿にならないお金が出ていきます。富裕層にして見れば車検毎に買い替えるという人も多いようで、その度に車を買い替えてもらおうと売り込みする販売会社も、車検制度によって民間車検場の人も潤っているわけで。

こうやって私の知らないところでお金がぐるぐる回る仕組みになっている社会なんですが、それにしても高い!

従来はディーラーに依頼していました。高くても安心だろからという気持ちでしたが、どうもディーラーだから安心ということはないそうです。

以前、ワゴン*という軽に載っていた時に、ディーラーに車検を出して半月もしないうちに故障(本当にこのワゴン*という車、よく故障しましたよ)した際に、車検を受けたばかりで故障したなら何のための車検だと抗議しましたが、当時のディーラーの検査担当者曰く、「車検時にその兆候が出ていなきゃわかるわけがない。」
故障しないように予防のための車検であるはずだから、分かるわけがないってんじゃ何のための車検だよ、と抗議しましたが、ははん、ディラー車検ってのもこの程度かと思い知らされた記憶があります。

その経験があったにもかかわらず愛車をディーラーに車検毎に出しているのは学習能力がないことをさらけ出していますが、ス*キのような三流メーカーではない世界で最も販売台数の多い車のディーラーだし大丈夫だろうという期待をしていたのは正直なところです。

今回はいろいろと出費が重なりましたのでディーラーと民間車検専門と見積もりを取りました。民間車検場はディーラーの半額でした。小心な庶民はどうしても安きに流されるものです。結局、安いほうを選びました。

昨日、選んだ民間車検場に持ち込みましたが、検査状況を窓越しに見せてくれるし検査が終わってからの説明も丁寧にわかりやすくしてくれました。

ディーラーに依頼した時は任せっきりで、内容の説明は最後に渡される用紙の中にチェック項目として一覧表に書いてあるだけでは素人にはわかりにくかったので、今回の民間車検場の仕組みにはある意味感動しました。

全ての民間車検場がそうなのかはわかりませんが、ここに出して次回の車検まで車に問題が生じなければ次回もここに依頼することになるでしょう。

あ、そろそろ引き取りに行く時間です。
それでは失礼しますm(__)m





スポンサーサイト

<< 15年間使い続けてきた食洗器が壊れました | ホーム | 省エネ住宅のメリットを分かってもらう方法 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP