FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2018/02/27 (Tue) 07:54
冬季オリンピックの終了

長かった冬季オリンピックも終わり、TVではメダルを獲得した選手を呼んではしゃぎまわる番組ばかりで、そもそもオリンピックを斜に構えて見ている私にしてみればうるさいばかりですが、唯一、面白いキャラクターだと思ったのが男子フィギュアの2位になった宇野選手。廻りがオリンピックのメダルを取って大喜びしている中で、特にいつもの試合との違いを感じなかったとのコメント。

銀メダルにも大して価値を置いていない様子で、「別に・・」という姿勢に、むしろ好感が持てました。
沢尻よりしっかりと伝わりました。

メダル獲得数が国別で毎日のように新聞に乗っていましたが、そもそもがひねくれている私は、別に国が取っているわけじゃあんめーし、選手個人が頑張って獲得しているんだろうに、こういう記事を見ると、はたまた単純脳細胞しか持ち合わせていなくて二言目には「いままさに」という言葉しか使えない安倍ルフや安倍信者の右翼共の格好の国威向上に利用されるのだろうに、という感想しか持っていません。またまた、日本はすごい、日本は特別だ、という番組に使われるんでしょうかね。

これからはパラリンピックですが、とたんに記事にする機会も減るんでしょうね。むしろハンディを持っていても努力し続けている人たちの姿勢を報道スべき価値があるように思えるのは私だけでしょうか。

オリンピックの記事で新聞が埋め尽くされるほどでしたので、その間に催された卓球の国際試合などが全く何処にも乗っていなかったことは気の毒でした。

これが2年後には今度は東京ですか。

やれやれ、なんだかなー・・・・








スポンサーサイト

<< 昨日見た「ガイアの夜明け」でびっくりしたなーもう | ホーム | すごい国日本 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP