FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2018/01/19 (Fri) 17:25
デベによるデベのための建築

木曜日に故郷新大工町の再開発事業組合の会議に数カ月ぶりに参加しました。

というのも、そろそろ再開発ビルの基本設計が固まりつつ有るということもあって、ボンビー事務所をやっている私も一応関係者ということもあって、兄からそろそろ顔を出せと脅迫されたので仕方なく一泊する予定で参加しました。

今までの会議の流れは浦島太郎状態でさっぱり分かりません。ただただうなずきトリオ的な状態でしたが、再開発ビルのプランの話になってからはやはりこれは守備範囲。これで決まりということはありえない、設計レベルとしては基本設計レベルという感想でした。
規模がでかくなればなるほど、当初から参加したデベは早く実績として残したい、早く手放したいという気持ちが見え見え。しかしプランそのものも私から見れば半熟にもなっていない。これで実施設計に入るということはありえない。特に再開発で要求されている広場の扱いが実にステレオタイプでどこにでもありそうな形状。

いかにも再開発しました的な、いかにも著名なデベが参加しました的なレベルでしたので、色々と意見を出しました。

いかんせん相手は日本トップレベルのデベと、同様に著名な設計事務所。方やノミのオシッコレベルの無名な建築士(言わずもながの私のことですね)であれば傍目から見れば勝負は明らか。無名の悲哀を感じました。

広場のイメージもありきたり。いまどき広場といやあステレオタイプでつくっていることは専門家向けの資料を見ても飽きるほどパターン化しています。しかし新築当初はモノめづらしさとキラキラで客は来るけど、あっという間に潮が引くように誰も来なくなって閑散としている再開発ビルは全国どこでも目にする。

デベや設計事務所の実績としては残るけど、その残された施設を一生懸命に活性化するための努力を地元は押し付けられるということ。

私は今回の再開発地域で生まれ育った出身者だけに、目に見えて衰退するようなステレオタイプのデザインの再検討することが必要だと意見を述べましたが、しかし無視されることは目に見えますね。

要は、デベも大手設計事務所も所詮は他人事。実績として残せば、ハイ終了です。

著名なデベも設計事務所も、金持ち相手がメインの仕事。それに比べると無名な私は地べたに這いつくばるような仕事をしているなーと実感させられました。

しかしそれは独立当初から望んでいたこと。市井の人に力になれる建築士でありたいと思って独立したのであれば、むしろその方針を全うしていると思っていますが、いかんせんカスミはなかなかお腹にたまらない(^_^;)

今回の会議で私の小粒の意見もどこまで汲み取ってもらえるのか分かりませんが、デベの立場から言えばそんなことをしたら時間も掛かるし手離れが悪すぎる。

そうやって著名なデベの見解が押し付けられて、納得がいかないままにどこにでも有るような建物が立つのでしょう。
デベによるデベのための建築が、また建つのでしょう。

建築とは資本主義社会の経済社会下における生産行為というものであるのは重々承知しては居ますが、やはり建築士ってのはミケランジェロや辰野金吾以来の金持ちの味方になっている人が多いのも事実。そのように金を湯水のようにかけられるから美しい建物ができるのか。

建築は金持ちだけのものなのかと嘆いている無名な、無名なだけに無力な、しかし庶民のサイドに立って力になろうという建築士の声は、無名なだけにそういう声を取り上げてもメディアは売れないから、結局どこにも届かない。

意見だけは述べたものの、どこまでも手応えのない霧に囲まれた空間をひたすら押しただけのような虚しさだけを味わって来ました。

スポンサーサイト

<< 建築確認申請悲哀 | ホーム | カードが無断で使われてびっくりしました >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP