FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2018/01/18 (Thu) 07:26
カードが無断で使われてびっくりしました

昨日、クレジットカード会社から、今月10日にパソコンショップの通販でカードを使って10万円以上の購入をしているので本人確認の問い合わせが来ました。

業務日報を確認すると、当日は事務所内で終日業務していましたしネット通販サイトでも何も購入していないので、それは私ではないと伝えましたが、どうも私のクレジットカード番号が漏れている様子とのこと。

びっくりするやら驚くやら。たしかにそういうことが有るということは新聞でも目にしましたが、まさか私がそういうことに巻き込まれるとは予想外でした。

今まで店頭でカードで支払う時、カードを渡して目の前でカード番号をスキャンする店と奥まで持っていってしまう店とが混在していますが、そういうことはあまり気にして来なかった私の不注意から起きたことでしょう。その際に、店に居た誰かが私のカード番号を抜き取ったのだろうと予想しています。

いまや当たり前になってきたAMAZONなどのインターネットでの購入はカードが必要なのでやむを得ずカードを作りましたが、カード決済に慣れてくると、現金をあまり持ち歩かなくても済むので一般の店舗でも使うようになってきました。

問い合わせしてきたカード会社は今使っているカードは無効扱いにして新たなカードを送ると対応をしてくれましたが、一体どんなやつが使ったのか、突き止めたい気持ちがいっぱいです。コレは犯罪に間違いがないのですが、こいつを突き止める手段はないものなんでしょうか。

これからは店頭でカードを使う場合、目の前で処理してくれるように依頼します。その対応をしない店舗では購入しない方が安全でしょう。妻や子供にも伝えましたが、それにしても不愉快極まりない。

こんな風に、ネットが盛んになるといろんなメールやはがきが来ます。

よく聞くのは、ハガキでの支払督促状。これは過去に二回来ましたし身に覚えがないのでほったらかしですが、数年たってもいまだにハガキに書かれている弁護士なる者からのアクションは有りません。

最近来たのはAppleを喬ったメール。

service@intl.paypal.com

Appleはスマホもソフトも使っていないのでナンノコッチャと思いました。内容は、「使用料としてJPY4248を引き落としたが、これは下のサイトをクリックすれば返済を受けることができる。」との文面。
メールアドレスやそこに書かれている会社のサイトを調べてみた所、下記のような文面がありました。

「Apple ID(***、Webブラウザー経由でiCloudにサインインするために使用されています。
日時: Tuesday, January 2, 2018 (GMT+9)
ブラウザ: mozilla firefox
オペレーティングシステム: Linux
上記の情報が使い慣れていると思われる場合は、このメッセージを無視してください。
最近iCloudにサインインしておらず、誰かがあなたのアカウントにアクセスしたと思われる場合は、Apple ID(https://appleid.apple.com)にログインし、できるだけ早くパスワードを変更してください。」

service@intl.paypal.com

JPY4248にもびっくりですが、Appleを有料で使うようなソフトもダウンロードもしていないし、ましてやこういうものにカードを使っているはずもないので、ははぁんクリックさせようとする罠だなと気が付きました。

しかしこういうメールが来ると、驚いて言われるままにクリックするんじゃないかと思います。

そのメールが来て3ヶ月位経ちますが、私のカード決済口座からは支出した形跡はありません。

こういうメールは何かのときのために残しています。それこそ私が生きている限り残して何かの際には証拠としてい警察に出すつもりです。

よくある話では、誰にも知られたくないサイト<それが何かは分かりませんが>の何らかの場所をクリックした瞬間に、「会員登録されました。会費を支払ってください」との文章が出ることがあるソウデス。

いや、聞いた話です。

こういうのも慌てる必要はないそうです。またそういうところからに支払督促のハガキが来ても無視するほうがいいそうです。何らかの対応策としては、そういうハガキを警察か消費者センターに提出しておくほうがいいかもしれません。

とにかく楽をして金にしよう、あわよくば簡単に引っかかる人<こういう人が結構いるんでしょうね。だからこういう詐欺師がいつまでもはびこっている>をカモにしてどんどん金を引っ張り出そうという考えを持つ奴らがウヨウヨしています。皆さん引っかからないようにしてください。よく言われますが、詐欺師は詐欺師に見えない。つまり人の良さそうな顔をしているということなんでしょうね。

ということは、逆説的に云えば、詐欺師に見えなくもないような目付きの悪い私はセーフ・・・って
喜んでいいのかなぁ・・・・

え?要するに単に人相が悪いだけだって?
ん~・・・・・
はっきり言われると結構傷つくなー・・・・




スポンサーサイト

<< デベによるデベのための建築 | ホーム | 遅くなりましたが >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP