FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/12/31 (Sun) 10:05
2017年

私にとって記憶に残る2017年が今日で終わります。

去年の今頃は大腸がんの手術を年明け14日には入院、15日に検査、16日に手術と予定が決まっていましたので、それに向かっての対策をねっていました。
基本は誰にも言わずにこそっと入院してこそっと退院しようと思っていました。万一のことがあっても、誰にも知られず家族だけで対応してくれるように妻に伝えていましたが、工事中の現場が数件ありましたので、発注者と現場監督には伝えておかないといけないこともあり、それは仕方のないことでした。

病院の入院手続きも、連帯保証人が求められます。
当初は広島にいる長女にするつもりでしたが、当時は間もなく退職する予定でしたのでやむを得ず長崎の次兄に依頼しました。兄弟にバレると大騒ぎするので避けたかったのですが、まさか連帯保証人が必要だと予想もしませんでした。
連帯保証人になってくれるように電話連絡した所、なんのための入院か聴かれたので、腫瘍が有るので取るための入院だとボカしたつもりでしたが、それでも根掘り葉掘り聴かれ正直に話した所、案の定、大騒ぎになり、東京の長兄の耳にも直ぐに入ってしまいました。

特養老に入っている母には内緒にするということは兄弟で確約していましたので、それは良かったのですが、当初思い描いたようにこそっと言う行動が、地元で予想外の噂が広まったせいで不可能になったことも残念でした。

その後、秋になるまでは定期的な検診以外はこれと言った事はありませんでしたが、ブログにも書いたように体重、特に内臓脂肪が多くなってきたために、またまたスロージョギングをはじめました。

困ったときのスロージョギングです(^_^;)

コレも3日坊主の大家としては、今度はせめて4日くらい続けようとジョギンズシューズまで買い、2,3日置きに少ないときで4k、土日などの時間の制約がない時には6-8kを目安にしていました。
平日の16:00頃に、前回の日曜日には8kほど走っても調子が良くて疲れも感じられなかったので、筋力も上がってきたようだなと喜んで走っていた3kを過ぎたあたりに左足のヒラメ筋を痛めました。

それからは痛むのが収まるまで1週間ほど我慢していました。10日目に恐る恐るでしたがウォーキングをしてみると、痛みも感じられず、おお、コレなら走れそうだとまで思いました。しかし、下りの階段の最後でまたやってしまいました。

短期間で2回目だからなのか今回は思いのほか治りが遅く、2週間たっても、近所の郵便局や銀行まで片道3分程度の距離でも帰る頃になると痛めたヒラメ筋あたりが鈍く疼きます。

せっかくスロージョギングが習慣になりそうになっていたのに、またコレだよとぼやきたくなりましたね。それもまあ、いずれは治る。「人間、辛抱だ。」と初代若乃花が言ったという名言を自分に言い聞かせています。

しかし、我が業務に照らし合わせると、一体いつまで辛抱すりゃいいんだろうと言いたくなりますが・・・(;_;)

ととと、話がそれそうになるのでもとに戻して。

年末に近くなるに連れ、年明け対応の事務処理をしていた所、ある日突然(トワ・エ・モワ的に)左目がまっかっかに充血し、なんだがチクチクします。最近なんだか目が痒いなーと思っていたらこれだったんだと。

年末年始には病院も休みに入るので早めに見てもらおうと慌てて近所の眼科へ。年末じゃなきゃもう一日様子を見てというところだったでしょうか。

夕方で年末だから混んでんだろうなーと思っていた所、私以外には3人と案外と少なく、10分程度待っていたら呼ばれました。
医者は目を見た瞬間にウィルス性のようですねと。
目を覗き込む機械を通して、診断結果も同様。何かアレルギーはありますかとか、数日のうちにホコリが多いところに行きましたかと色々聴かれました。

仕事柄ホコリの多い現場は日常だし、アレルギーも今のところ無いので、どこからもらったのか分かリませんでしたが、使っているタオルは家族と共有しないようにとか、入浴は最後にするようにとか、とにかく家族に感染しないような対策を取ることと。

それから毎日きっちりと目薬を指して4日目に入りました。眼科に行った日の朝は、起きたときは目やにでまぶたが開けられないくらいでしたが、それも徐々に少なくなり、今朝はありませんでした。

未だ赤みは残っていますが、コレも徐々になくなるでしょう。

そうそう、風邪が.未だ治りません。コレも年越しです。
本当によく風邪をひく様になりました。妻も言っていますが、結婚して数年間というもの、風邪一つ引かないのがあたり前田のクラッカーでした。高い健康保険料も払うばかりでもったいないとぼやいていましたっけ。

それが今や年に2回は引くようです。免疫力が落ちているのでしょうね。

そんなこんなで今年一年の顛末です。なんだか建築のことはあまり書いていないなーと反省していますが、安倍ルフの傲慢さとその取巻き連中が好き放題に税金のバラマキを目撃する市井の国民としては、怒りの鉄槌を下すべきだと選挙に期待したところが、我が民族の劣化の度合いを思い知らされる羽目になり、落胆の気分が抜けきらない日々を送りました。

トランプの前では忠犬ポチを演じ、国民の前では傲慢さを微塵とも反省しない帝王的な二面性をさらけ出す幼児性の抜けきれない、国の指導者というより政治家として向かない性格を持っている「こんな男」を支持する若者も、将来は全て自分に返ってくることが分かっていないのでしょうか。

今年はコレでおしまいにします。

mさん、今年もたくさんのコメント、有難うございます。
mさんの地元同様に、父親が地位があった政治屋だったということだけで、その父親がなくなった後を継いだだけの無能な政治屋を国会に送り出す政治風土はうんざりするほど日本各地で見られますね。
国際社会では何も変えられない日本という認識を持たれていることに有権者も気が付かないといけないと思いますが、それというのも我が民族は上から言われると何も考えないで指示されたとおりの行動を取る傾向があります。特に某カルト教団信者が自民党の補完勢力に成り下がった蝙蝠政党の公明党を無批判にも支持し続けていることからもわかります。mさんの選挙区も残念ながらその好例ですね。
何と言っても現状維持が絶対で失敗を恐れる民族(役人、官僚だけの特性ではないということ。日本の企業も総じて同じ)だから、いままで優位にあった技術力や経済力も次々に東南アジアのダイナミズムにあふれる新興国に追い抜かれています。

アメリカの経済学者が予言していましたが、日本はアジアでの先進国のポジションも、今のままでは2流国に成り下がるだろうと。

みなさまにとって、来年はいい年になることを祈っています。
来年もよろしくお願いします。m(_ _)m


スポンサーサイト

<< 遅くなりましたが | ホーム | 今年も暮れていきます >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP