FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/12/14 (Thu) 08:25
最近の新聞記事から思うこと

いつものことながら新聞を読んでいると、またぞろカタカナ語が反乱しています。

死ぬまで臣民と言う意識で国民に接してきた昭和天皇が、敗戦後にアメリカのご機嫌を取るために人身御供のごとくアメリカ軍の軍用地として差し出した沖縄で、アメリカが現地の人の存在を無視しきって勝手気ままに振る舞っていますが、オスプレイの事故以来、またぞろアメリカのヘリコプターから窓枠が落下したとの事故を紹介している記事で「インシデント」とやたらと書きまくっています。

余談ですが、もともと日本で使われている「漢字」は中国の漢民族が使っていた文字なので「漢字」と言われているわけですが、それがいつの間にか日本語として間違った認識を持たれているのははなはだ疑問に思うところですが、これもカタカナ語に比べると遥かに省エネルギー効果が大きいことは明らか。

話を戻して、新聞記事は紙面構成の関係上、文字数が限られているにも関わらずカタカナを多用する新聞記者に鼻持ちならないエリート意識が垣間見えるのは穿ちすぎかしら。

よく使われるカタカナ文字と対応する漢字との文字数をざっと比べてみると

インシデント(6文字、濁点を入れると7文字)→事故(2文字)もしくは事案(2文字)

エビデンス(5文字、濁点を入れると7文字)→証拠(2文字)もしくは証明(2文字)

アナロジー(5文字、濁点を入れると6文字)→類似(2文字)もしくは類推(2文字)

エフェクト(5文字)→効果(2文字)

ファクト(4文字)→事実(2文字)

リテラシー(5文字)→読み書き能力(6文字)

ざっとコレだけでも最後の「リテラシー」以外は殆どが漢字2文字で済むはずなのに、それにしてもなぜカタカナを使いたがるのか。
どうも日本人にはやっぱり西欧に対する劣等感がいつまでたっても抜けないのでしょう。

TVCMでも、日本の製品にも関わらずやたらと欧米人のモデルが使われています。

たしかに日本人のモデルも以前に比べると身長も延び、手足も長くはなりましたが細いだけで凹凸に乏しく、そうなるとやっぱり見栄えのいい白人を使うってことも分からないでもありません。

TVや雑誌の広告でモデルが来ている服を妻に買って挙げたにも関わらず、どうもイメージが大きくかけ離れているな~と口に出さねど思った人、私以外にもたくさん居るでしょう。ま、逆もまた真なりですが。

なんだか違う話になってきました。

私の業界では建築家の書いた本を読むと、やたらと難解な上に横文字がズラッと並んでいます。いくら私が4ヶ国語<長崎語、東京語、奥多摩語、ちょっと不得意な福岡語の4ヶ国語。(^^)>を話せるとは言え、英語は大学時代以来使ったことも英文を読んだこともそれほどないので、簡単な英単語以外はほとんど忘却の彼方に行ってしまっていますので、そりゃまあ読むのに大変です。

もっとひどいのはファッション関係の本ですね。のっけからカタカナ語のオンパレードで、接続語として日本語がちょびちょびと使われているのを見た途端に、読む気が失せてしまいます。

そんな時、なんでこんな簡単な日本語に変えられるのにわざわざ横文字にすんだヨ(-_-) と己の語彙力を神棚に上げて怒りまくりますが、専門書は読む人は限定されていますので仕方がないとは言え、新聞となるとそうは行かない。多数の人が目にするのであれば、もっとわかりやすくすることのほうが大事だと思いませんか、新聞記者さん。

ルー語のほうが未だ分かりやすい。

「忖度」なる摩訶不思議な言葉も安倍ルフと昭恵を始めとする税金を湯水のように使い続けている胡散臭い取巻き連中のお陰で流行りましたが、我々専門家も業界用語やカタカナ語をあまり使わないようにしようと反省した次第です。




スポンサーサイト

<< 今年も暮れていきます | ホーム | 今日はジョン・レノンの命日です >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP