FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/11/30 (Thu) 04:57
18日のコメント欄に書かれた「ゆう」さんへ

10月18日に下記のご質問を頂いていた ゆう さんへ、翌19日には返事のメールを送っていますが、御覧頂いているのかどうか不安になって居ましたが、やはり御覧頂いていないのではないかと今になって気が付きました。

このブログに対するコメントに対しての返事がコメントされた方に届くのかどうかがさっぱり分からない。
数年間、このFC2でブログを書いていますが、その辺の使い方の説明も見当たらないのは流石にアメリカ発祥のソフトです。

これからはコメント欄で質問をされた方への回答は、ブログに載せるようにします。

ゆうさんへの回答は翌日に送ったつもりであっても閲覧されていなかもしれないということを今になって気がついても、間が空きすぎてなんの役にもたたなかったのじゃないかと思います。

気がつくのが遅すぎて申し訳ありませんでした。m(_ _)m

今更でしょうが19日に送ったつもりになっていた回答を改めて乗せますので、お役に立てれば幸いです。


> こんにちは、ブログを読ましてもらいました。
> 先日RC造建物(45年前建築)の中の間仕切り壁(1部のブロック積の部分のみ 臥梁があったり、なかったり)を解体してほしいとの依頼が来ました。普段は木造メインでやっているので、臥梁下のブロック積の解体が躯体に影響を及ぼすのか、よくわからなくメール致しました。もしご教授もらえたら幸いです。
> いきなり申し訳ないです。よろしくお願い致します。

ご連絡有難うございます。RC造のブロック積み間仕切り部分の解体に関してのご質問ですね。

結論から申し上げると、補強コンクリートブロック積部分の解体は構造耐力には影響ありません。

但し、この構造体が適切な構造計算をされているものと言う前提でのことです。当時の建築確認通知書があればそれを確認されてください。

コンクリートブロックという製品は厚みが100、120、150の各種がありますが、厚み120以下は耐力壁としては計算されませんし、150厚みもRC造耐震壁同様とはみなされません。
<今回の追加項目;補強コンクリートブロックの主な用途は塀や帳壁などで、耐震壁としては使いません。>

あくまでも簡易的な間仕切りとして、躯体の重量を軽減する目的で使うことのほうがほとんどです。また臥梁はあくまでもブロックの頭がふらつかないように安定させるためのものです。

ブロック間仕切り以外のRC間仕切り壁部分は、ご質問の内容では耐震壁かどうかが不明ですし耐震壁かどうかの確信が持てないうえに構造計算書がなければ安易に解体することは避けましょう。

どうしてもRC造間仕切り壁の解体をする必要が有るのであれば、45年前では現行法規の構造基準とは違いますので耐震診断をされることが必要です。

安易に解体することは非常に危険ですよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

<< 今日はジョン・レノンの命日です | ホーム | 大企業の不正とリンクしている建築の監理業務 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP