FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/11/04 (Sat) 06:12
made in JAPAN の幻想

一昔前まではmade in JAPAN は品質保証の印であって、この印さえ有れば世界で歓迎されるという自信がありました。

そのことにより日本は、また日本人は素晴らしいという国粋主義者を喜ばせるような風潮が社会全体にも蔓延しました。

日本人は確かに工夫することが得意な民族なんだろうと思います。

スティーブジョブの様にイノベーションを起こせるような才能を持っている人は、右へ倣えを信条とする日本の社会では突出し上層部と衝突することも多々あり、日本の会社からは疎んじられた結果、そういう稀有な才能の持ち主はアメリカに行く以外にはこの国では自分の才能を活かす方法が見つからなかったんじゃないかと、煩悩な才能しか持ち合わせなかった私は推測します。

そういう右へ倣えの会社間でも当然競争が働くのは資本主義を標榜している社会ならやむを得ないことでしょう。人よりもよりよい生活を目指して切磋琢磨している間はいいとしても、そこに手抜きをしても儲けようという発想がするりと入り込できました。

会社組織なら上層部がそういう指示をすればヒラスタッフがクビを覚悟の異議申し立てをできるはずもなく、その結果が会社の売上に貢献したとなれば後ろめたさも薄まり、会社のためなら正しいことだと思うようになった結果が、東洋タイヤであり、三菱自動車であり、日産やスバルなどの大手自動車メーカー、神戸製鋼など、大手と言われる一部上場企業(つまり日本社会のヒエラルキーで言えば、エリートと言われている組織です)の不正行為に何年も手を染めてきたことにつながります。

彼らはバレたので頭を下げつつも、納期に間に合わせるためにやむを得なかったとか人手不足だったという弁明をしました。つまりバレなきゃ今でも続けていたってことです。

まあ、ここまでは直接的に関係のない人にとっては、日本も劣化したなーと傍観的に思えましたが、今度はインスタントラーメン大手の明星食品の不正が発覚しました。

カップ麺という庶民にとっては非常に身近な国民食を、下請けのメーカーが保健所の許可を受けずに製造していたそうな。大慌てで回収するようですが、こういうことが連続すると、made in JAPAN への信頼性がなくなるのは当然のこと。

日本の会社は、会社の理念として法のコンプライアンスを標榜しているところが多いだろうと思いますが、標榜しておきながらをそういう不正を平気で犯した会社の存続意義があるのかということも含めて、これからの日本人としての矜持が問われるでしょう。

不正を犯したら会社そのものが消えてしまい、結果、ン百万人という人が職を失い路頭に迷うという恐ろしい状態にならないような社会のあり方にしていかないと、いつまでたってもこういう不正はなくならない。

今後は会社の不正を正直にリークした人を優遇するような社会を目指すべきで、そういう人を排除し、バレなけれ不正をしても儲かればいいという風潮は、中国製の不正のあり方をとても批判できないはず。

失敗から反省しない民族には劣化が止まるはずもありません。今の政治風潮を見たら明らかです。

こうし不正を正直にリークすることは、もっと早期にスべきということはあっても、そこは評価してもいいのじゃないかと思います。が、不正を知らんぷりして続けてきたことは解消される訳でもありません。やはり社会的にペナルティーは必要です。

日本人は劣化してきているということをしっかり認識し、そういう劣化してきた要因を是正し、再びmade in JAPAN を信頼性の有る製品にするような努力が必要ですし、またできると信じています。






スポンサーサイト

<< V・ファーレン長崎がJ1昇格です。 | ホーム | この国の将来 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP