プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/10/08 (Sun) 04:26
長崎くんち

7-8-9日と、長崎くんちが開催されています。今年は土曜が休みだとすると3連休にうまくハマりました。

長崎出身者としてはくんちと旧盆の精霊流しは骨身にしみついたもので、どこにいてもやはり懐かしいんですが、そのせいでその土地の祭りとどうしても比べてしまうために馴染めずにいる原因です。

山笠?
重いもん担いで走ってタイムを競う?理解できん。おまけに褌姿の男のケツなんか見たくもね~

どんたく?
山笠同様、一回も見たこと無いし興味もない。TVで見ると、花電車か花自動車という代物なんか、どう見ても長崎くんちの出し物と比べて品がない。

という具合に(^_^;)

福岡の人にとっては私の長崎の祭り同様に骨身にしみているのでしょうから、それは当たり前だのクラッカー。

郷土ってのは生まれて育った土地のことを指すのであれば、私には長崎ですが、我が子はやはり福岡になるのでしょう。
娘達には両親とも長崎出身者だしお前たちのDNAは純血長崎人だと教えていても、出身は福岡というのもこれは仕方のない所。

困るのは何かのスポーツの試合で、長崎と福岡が対戦した時にどっちを応援するかという話。高校の同窓生でも分かれます。
福岡に長く住んでいるから当然福岡だという人もいれば、うんにゃ、長崎出身なら長崎ば応援すっとがあたりまえやっか、という人も当然います。

私は後者ですね。

まあそれはともかくとして、長崎くんちです。

小中高時代は、長崎くんちが始まる前から稽古で聞こえてくるお囃子の音を聞いているとお尻が浮いてしまって勉強どころじゃなかったですね。うきくきワクワクって感じでした。

しかし一度も諏訪神社で生を見たことはありませんでした。とにかく切符が手に入らない。蛇踊りも、たまにしか見ませんでしたよ。

でも長崎くんちと云えばメジャーなのはやっぱり蛇踊り。他にも色々ありますが、有名なのは蛇踊りですね。高校の同窓会は蛇踊りをすることがやっぱり多いし、人気があります。

今年はもう遅いですが、来年は見に行ければいいなーと思っています。しかし一年後の話って鬼が大爆笑でしょうね。
今から予約しないとホテルも取れないでしょうねー・・・・


スポンサーサイト

<< 安倍独裁の始まりです | ホーム | 石黒和夫氏は幼稚園の後輩でした >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP