FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/10/07 (Sat) 05:35
石黒和夫氏は幼稚園の後輩でした

ノーベル文学賞にKAZUO ISHIGURO氏に決まりましたね。おめでとうございます。

誇らしいのは長崎市新中川町出生で、なななぁんと我が母校である名門(と勝手に言ってます)桜ヶ丘幼稚園卒業。私の後輩です。といっても、もちろん面識も有るはずもなく、長崎には5歳位までしかいなくて6歳でロンドンに渡ったということですね。

それはともかく、ノーベル賞なんて全く無縁の存在が少し身近に感じられたものです。
だから何?ってツッコミ無しで m(_ _)m

毎年取り沙汰される村上さん。今年もだめでしたが、ハルキストが言うほどの作家じゃないってことでしょう。
私もそこまで言うんなら(誰も私に言いませんが)と数年前に「海辺のカフカ」を読みましたが、まるで面白くなく引き込まれもせず、なんだこりゃ、というものでした。
評論家の宮崎哲弥氏も、全く面白くないと言っていましたね。買っちまったもの仕方ないので我慢しながら読んだ記憶があり、それ以来、いくら評判になろうがなんだろうが二度と手を出そうと思わなくなりました。

そんな作家がノーベル文学賞を獲得したなら、やっぱり私には文学的センスが無いんだなと納得せざるを得ませんでしたが、未だに取れ無いので文学的才能の有無が未だに結論が出ません。まあ、私の文学的才能はそんな大層なもんじゃないんですが。

ここ数年、ノーベル賞を取る日本人が多くなっていますが、それもあと僅かで中国に抜かれる可能性が大きいのではないかと懸念しています。

アメリカやイギリスの名門大学に留学する生徒が、日本人は激減し中国人が大きく上回ってますます増加しているとの報道を見ると、日本人の内向き志向が顕著になってきて、「日本は素晴らしい特別な国だ。日本人は素晴らしい」という露骨な提灯番組やネットを見ていい気持ちになってしまって外国の先端技術や思想を身に着けようという明治維新以来の海外進出的気概が若者の間で薄まり、井の中の蛙的な国民になってきているのじゃないでしょうか。

将来のノーベル賞受賞者が中国に追い抜かれる日も遠くないという気がしています。

中国にGDPで追い抜かれた上に知的レベルでも追い抜かれた日には、アジアでナンバーワンと君臨していたプライドもなくなってしまうのでしょうね。

こうなったら日本はノルウェーやフィンランドのように、GDPはそれほど高くなくても国民が幸せに生きていける国を目指すという切り替えをシたらいかが。それこそがほんとうの意味で、上記の国と同様に世界が日本に一目置くことになると思います。

好戦的な発言を繰り返すポピュリスト低能政治屋どもや似非愛国的発言を繰り返す極右のTV司会者や評論家、芸NO人より、よほど日本を大事にしている考えではないかと思いますが、いかがでしょうか。

スポンサーサイト

<< 長崎くんち | ホーム | 安倍より質の悪さを露呈してきた小池 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP