プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/09/03 (Sun) 08:35
縦長瞳と横長瞳の違いってなぜ

以前から瞳が縦長の動物と横長の動物、丸い動物の3種類が居ることに何故なんだろうと疑問を持っていました。
いままでそういうことを毎日思っているわけでもないので特に調べるわけでもないままで過ごしていましたが、昨日ちょいとサクサクとネットで調べてみました。

妻にこんな疑問を持ったことがあるかどうかを聞いた所、持ったこともないという返事。
ヤッパリネ

何故と思うとますますわからない。

猫は縦長なのに同じネコ科のトラやライオンはなぜ丸いのか。縦長になる動物は他にもイヌ科の狐やワニ、蛇、カエル等が居ます。横長瞳の動物は羊や山羊などの、いわゆる草食動物でおとなしい系。日本人もよく例えられますね。無能権力者の横暴に対してもデモさえもしない羊のような国民だと。

トトトトそれはさておき、猫は縦長なのにライオンやトラはなぜ丸いのか。

調べた結果を簡単に書けば、縦長瞳の動物は捕食動物で、縦長に瞳を絞って光量を調整することで背景をぼかして対象となる動物をくっきりと浮かび上がらせる効果があるそうな。
歴史的に猫は夜行動物で瞳を絞ることで光を効果的に取得でき、また草木などの縦長の存在を消せるようになった進化の結果だそうです。同様の傾向は狐や蛇なども言えるようですね。

トラやライオンなどの大型ネコ科動物は、昼間でも動物を捕獲することができるので丸い瞳のままだそうな。つうことは、瞳が丸いってことのほうがプライマリーなんかいなとまたまた新たな疑問ですが、それはまたの機会にして。

山羊や羊の横長の瞳は、襲われたときに水平面の状態を見ながら逃げる方向をいつも確認し出来るようになったんだそうな。

へえぇー、そうなんだと横長瞳になった私がソファーに座っている妻の背中にこういうことなんだそうだと声をかけところ、あらそう、と言いながらふりむいた妻の顔に

エッ!(*_*)



スポンサーサイト

<< キャンキャン吠える犬 | ホーム | サッカーの話題と無関係ですが4悪人のこと >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP