プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/08/07 (Mon) 07:51
降水量が異常に増えてきています

台風5号は九州に上陸するかと思わせながら鹿児島をかすめて、いま四国沖を東にノロノロと動いている様子です。
たく迷惑なやつですが、しかしホトホト日本列島は台風の動きにシンクロするような形で存在しているな~と思わざるを得ません。

我々が建物を設計する際に、軒樋や竪樋の大きさの検討の目安として屋根面積から算出します。その根拠となる計算式は
降水面積×最大降水量(mm/h)/100 で行いますが、問題はこの「最大降水量」。

以前は100mm/hを超える降水量は数十年に一度という意識で居ましたが、いまや毎年のように何処かで起きて居ます。今度の台風のようにノロノロとした動きならば、8月の一ヶ月分の平均降水を一日で達してしまったという報道をさんざん目にします。

そうなると、道路側溝の排水口の大きさなども上に書いたような計算式で決めたものが全く役に立たず、排水口に流れ込んだ大量の雨水が処理できなくて噴水のように逆噴射している画像を目にすることも多くなりました。

建物の耐震係数の見直しの動きもありますが、こういう雨水排水計算式も早急な対応が必要になるのでしょう。

行政側も東京や福岡市には地下に巨大な貯水槽を作って道路の冠水を緩和する工事が進められています。

地球温暖化の影響で日本も亜熱帯気候になりつつあることを理解すれば、雨の降り方も以前のシトシトピッチャンという風情のある状態でなくなっています。

どういう表現になるのでしょう。ガーとかゴーとか?
それじゃ歌詞になりそうにないですよね。

「長崎は今日も雨だった」なんつう歌も、「長崎は今日も豪雨だった」なんてタイトルだったら、それこそ心配になっておちおち聞いてられませんものね。

と話はくるりと切り替わって、GOOGLEのGmailを使っている人、多いでしょうか。私もプライベート用に使っていますが、これが宣伝広告が頻繁に入り、実にウザい(すみません、若者ことば、使いました)。九州弁なら、しぇからしか。

そこで、このしぇからしかメール受信を拒否する設定があるので紹介します。もうすでに設定された方や、スマホは使ったことがないのでスマホでの設定が同じかどうかはわからないことは先にお伝えします。

さて、Gmailの受信画像で、右上の歯車マークをクリックし、そこの「設定」をクリック。
「受信トレイを設定」をクリックすれば、ズラッとフォーマットでの受信設定の項目が並びます。
そこで一番上のチェックだけを残し、「ソーシャル」「プロモーション」のチェックを外します。
最後に「設定」を押すと、「本当にこれでいいのかよ」みたいな文言が出ますが、え~い、うるせーぃ。いいったらいいんじゃわい
と情け容赦なく設定をクリックすれば、Gmailの上の方にあった2つの項目が消えています。

これで勝手に送りつけてくるしぇからしか広告メールを遮断できます。ただし、Gmailアドレスで直接送られてくる広告には対応できないのでご了承ください。

今日はなんだか支離滅裂でした。





スポンサーサイト

<< JR長崎駅のアミュプラザ | ホーム | 台風が来ています。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP