プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/04/14 (Fri) 08:50
熊本震災から1年経って

 熊本の大震災から今日で1年。

 やっと1年かという実感です。もっと昔に起きたような。

 この国で、仮設住宅にやむを得ず住んでいる人が一人も居なくなる日が来るのは何時になるのだろう。

 被害にあって生まれ故郷に帰りたくても帰れない事実を一顧だにせず、戻らないは自己責任-個々の人権より国体護持を最優先と考える右翼の大好きな言葉ですね-だと言い放った人格を疑わざるをえない低能大臣を辞任に追い込めない野党やマスコミの力が衰え、安倍一人勝ちの状況を何時までこの国の有権者は認めるのだろう。

 政治は活力のある論争をしてこそ、国民への真の政治ができると信じていますが、現在は安倍晋三個人の考えだけでこの国が動かされています。いやいや、旦那の力を借りて虎の威を借りる狐のような奥さんも忘れちゃいけませんね。自らを家庭内野党とか言っていたようですが、その実態はやっぱり似た者夫婦でした。

 安倍晋三はいまや、今上天皇さえも無視できるような皇帝という存在になっているようです。

 熊本震災から1年の間にいろいろなことが起こりましたが、あらためてこの国は地球上で最も天災の多い国とともに、同様に人災の多い国でもあることを改めて認識させられます。


 
スポンサーサイト

<< 安倍晋三を批判すると拷問される日が来る | ホーム | コンペに応募するかどうか迷っています >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP