プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2017/03/26 (Sun) 13:29
大幅に遅れた住宅の施主検査が終わりました。

 ほぼ半年かかった住宅の施主検査が終わりました。

 私や確認検査機関の完了検査は終わっていますが、外構工事がまだまだ。肝心要のセンターコート内の土盛、芝張りが終わらないと印象としては完成ではありませんが、とりあえず建物は住める状態になっています。

 数日前には玄関ポーチのタイルの張り方の雑さ加減に怒り、張り直しを指示した箇所もまだですし、細かい塗装の雑さ加減が目につくところがまだあるので手直しはありますが、兎にも角にも住める状態になったことでホッとしたというのが実感です。

 建築主ご家族も首を長くして待たれていたようで、今日の検査後に転居するとのこと。まだエアコンも付いていないので寒いのじゃないかと心配しましたが、考えてみればムリもない話。本来なら昨年の暮に入居できるはずだったですものね。

 それにしてもコレだけ遅れに遅れたことに怒りもせず、ひたすら待ち続けられてきた忍耐強さと温厚な人柄に、心から感謝しています。

 今日は家具が入っていない状態で室内を撮影しましたが、センターコート側は芝のグリーンがあると印象が随分柔らかくなるのじゃないかと思っています。

 広角レンズで撮影してもごく一部しか映らないのでパノラマ撮影ができる最近買ったばかりのデジカメで撮りましたが、まだ慣れていないしレンズから被写体までが近いせいもあり、パノラマ画像では柱や天井、壁が歪んで写っていました。修正するソフトがあるのかどうか不明ですが、今回の住宅の画像は、外構工事もしっかり終わってセンターコートの芝も貼られた状態で撮影したいと思いますので、ホームページへのアップロードはまだ出来ません。

 まあ全部が完成するまであと10日程度でしょう。今まで散々待たせられましたから、あと10日位はなんくるないさー。

 毎度毎度でもいまだに慣れませんが、引き渡しが終わると、工事中に懸命に施工が進んでいるにも関わらずデザインを考え続けるということや現場に行けなくなるという寂しさは拭えませんね。

 一生懸命に育てた我が娘を嫁に出すという気持のようなものだとよく言われますが、一生懸命に育てたということは同じような心境ですね。あとは建主ご家族の皆様に慈しんでもらえるような住宅になることを祈るばかりです。



最後に、一枚だけ、外構が未施工状態の外観の写真を張ります。

CIMG5347.jpg






 
スポンサーサイト

<< コンペに応募するかどうか迷っています | ホーム | 高気密高断熱住宅を目指した設計・監理でわかったこと(少々専門的な話でゴメンナサイm(_ _)m) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP