プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/12/14 (Wed) 11:05
包丁研ぎに大苦戦

 先日は妻が娘の出産の手伝いのため京都に行ったため単身赴任状態になっていることを書きましたが、鬼のいぬ間にできなかったことをしようと思いつつも、悲しいかな何も思いつきません。まあ、一人ですので洗濯はしていますが(^_^;)

 買い溜めた本も息抜きにちょっとづつ読むのも今までと違いがなく、さあてと何しようかと思案したところ、そう言えば我が家の包丁の切れ味が悪いとボヤいてたなーと思い出しました。
 
 愛妻家のワタクシめ(誰も言ってくれませんので自分で言ってます。)としては、よっしゃ、それならば包丁がキレるようにしちゃろうやないかと思いついたのはいいとしても、なんつったって包丁を研いだという記憶がありません。

 何を揃えればいいのやらさっぱり分かりませんでしたので、とりあえずネットで何を買うのかを検索しました。

 我が家の包丁は一般的なステンレスなので、調べたところどうもステンレスの包丁は高級品になればなるほど硬いので研ぎにくいとのこと。料理人の包丁はステンレスではなく鋼でできた包丁だし、毎日のように研いでいるとげな。

 そんならばどんな砥石がいいのやらと調べたところ、砥石には荒研ぎ、中研ぎ、仕上研と大雑把に言うと3種類があるとげな。ウッヒャーメンドクサ!と思いつつ、とりあえずこれ一枚あればヨカやろというシャプトンの中研ぎの砥石を購入。

 ステンレスでもこうやって研げば新聞紙もスパッと切れます、とネットの画像を見て俄然やる気に。研ぐ前に試しに新聞紙を切ったところ、切るという行為にではなく包丁が当たって破れる状態。

 そっかそっか、よしよし。今に見てろ、わしゃーおぬしをスパッと切っちゃるケンノウ。と気分は菅原文太。
 
 それからと言うもの、ヒヒヒ今夜はごちそうが手に入ったわい、と昔ばなしに出てくる妖怪になったような気持ちでワッセワッセと腰が痛くなるくらい研ぎ続け、おおよそ30分位してもうよかろうと思い、新聞紙に向かって、切れ味を思いしれとばかりに切込みましたが、あれま最初と全く変わりません。

 なんでやねん、と突っ込みつつ、再度ワッセワッセと。

 今日はもう勘弁というくらいまで続けて、さてさてこんどはどうかいなと新聞紙に切りつけたところ、まあまあなんだか前より少しはマシ程度。

 おのれぇ、小癪なー小僧め。名を名乗れぇ! 

 いや、新聞ですから・・・

 しかし、今日はこれくらいで勘弁してやると、しびれた腰をさすりながらジエンド。

 翌日も、何が悪いのか今もわからないと、昔流行った歌を歌いなながら再挑戦。ふむふむ、少しはキレるようになったものの、イメージしていたスパッとはまだ距離があります。

 結局仕上げ研ぎが要るのかもと思い、同じシャプトンの仕上研も購入。仕上げ研ぎが来てから、よっしゃ、今度こそスパッと切っちゃるけんね。と、こうなったらもう意地です。

 まさかこんなに手こずるとは予想もせず、割りと簡単に研げるものとイメージしていたのがもろくも崩れました。

 そして数回目、ネットで見たようなスパッスパッという状態にはなりませんが、マアこんなならヨカでしょう。という状態にまでは持っていけました。ゼーゼー(;´Д`)

 研ぎ汁が爪の間に入って汚いわ研いだ跡の洗い流し掃除が大変だわで結構大変な思いをしましたが、これで包丁を研ぐ方法ということがわかりました。

 カミさんが帰ってきてキレる包丁になってどういう反応をするのかが楽しみですが、無反応ってことも可能性アリで。(^_^;)

 いやはや包丁を研ぐということがこんなにも大変だとは知りませんでした。一般家庭でも月に1回は研いだほうがいいそうですよ。



 
スポンサーサイト

<< 難解な横文字が目についた 1年 | ホーム | 三度目の単身赴任生活で >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP