プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/06/29 (Wed) 11:51
Ya!Ya!Ya! THE BEATLESが日本にやってきた日

1966年の今日、ビートルズが来日しました。

 来日時の映像は後でTVで見ましたが、羽田からホテルに向かう高速道路を走る車のバックにMr.MOONLIGHTが流れた時、感動して鳥肌が立ったことを覚えています。

 当時は長崎に居ましたので東京の武道館に生のビートルズを見に行くことはとてもかなわないことでしたが、仮に入場券が手に入ったとしても、学生の身であれば交通費を親に出してもらうってこともできなかったでしょう。

 それにしても当時はビートルズが好きな奴らは不良だという保守的な大人も多かったし、右翼の街宣車は神聖な武道館で演奏することを目の敵にして日本から叩き出せと街宣車を出していた記憶があります。

 ビートルズ結成時前からジョンレノンは近所でも評判の手のつけられない不良だったということはビートルズファンなら周知のことなので、当時の保守的な極一部しか見ようとしない大人がそのせいかどうかは分かりませんが、彼らを不良呼ばわりしました。

 しかしその彼らがその後、世界の音楽に多大な影響を与えた事実を考えると、視野の狭いわけ知り顔した保守系小人物のでかい面をしていた連中は、その後、どう反応しているのでしょうね。

 こういう視野の狭い保守系小人物がでかい態度をとるのは今も昔も変わらないことを鑑みると、人間ってのは何時まで経っても本質は変わらないんですね。

 初めてビートルズを聞いて以来、未だに飽きずに仕事のBGMとして聴き続けています。

 何度聞いても飽きません。好きな曲はたくさんありますが、その中でも特に好きな曲は A day in the life ですね。

 今日は来日記念日ということもあるので、BGMで聴き続けます。

 彼らが日本武道館でコンサートをして以来、日本のバンドや歌手が武道館のステージに立つことがステータスになりました。

 影響力の大きさは、なぁんということでしょう



 
スポンサーサイト

<< 安倍晋三と極右団体日本会議の恐ろしさ | ホーム | この国の新聞社の記者はどこに消えた >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP