プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/06/21 (Tue) 09:27
この国の新聞社の記者はどこに消えた

 舛添が自分にかけられた疑惑を解明すると約束しながら、辞任するからもういいだろうという傲慢な姿勢のママ都庁を後にしました。
 
 これほど立つ鳥跡を濁した男も他に無いでしょうが、この男の辞任の経緯は、どうも自民党・公明党との裏約束がある様子。議会を解散されたら前々回、前回、今回と3代続けてろくでもない都知事を担ぎだした責任を問われるはずなので、自民党・公明党は大幅に議員の数を減らすのは予想が付きました。

 自民党からの辞職勧告をアレほど頑なに拒んでいた舛添が、あっさりと辞任をした裏には、当然裏取引があったと見るのが普通。

 解散をしたら自公民は大負けする。それは自公民にとって困ることになる。それを取引材料に、辞任することで議員を守る代わりに、辞任後の百条委員会を拒否する。政界に戻った時にはふさわしいポジションを約束する。というような内容ではないかと推測します。

 問題を曖昧にして百条委員会を拒否することで自公民への不信感という受けるダメージより、今現在の議員をキープすることを選んだ自公民。流石に腐りきった政党です。

 桝添で一躍有名人になった、あの傲慢不遜な佐々木善三弁護士も、どうも胡散臭い議員を守ることにかけては一流の様子。その御蔭で次々にお声がかりもめでたいことで、弁護士という職業がこの国ではどれだけ権力者に都合がいいかということを、この男が証明しました。

 も一人権力側に都合のいい男。原子力規制委員会の田中委員長。東大の学者のようですが、学者の頃から原子力関係機関から多額に献金をもらっていたホコリの出る男。この男を原子力規制委員会の委員長に選んだという安倍の悪巧みも上手く言っています。

 原発は40年で廃止という決め事も袖にし、審査の結果という名目で40年以上経つ原発が稼働できるようにしました。これで老朽化した原発はどんどん再稼働できます。

 この男のコメントが、40年で廃止するかどうかは社会が決めること、と。無責任がまかり通るこの国で、社会へ見事な責任転嫁。

 いやはや、舛添、佐々木、田中というこの国の権力者に擦り寄った連中は、文春以外は取材能力のない記者からどれだけ質問受けようが、柳に風です。

 また文春がこの腐りきった三人の都合の悪いことをスクープしてくれなきゃ、この連中にとっては何も変わらないんでしょうね。

 巨大新聞社に所属して高給をもらっている記者と称する方々。あなた方の取材能力はどこにあるのですか。週刊誌の記者に負けて悔しくないですか。それとも、やはり話に聞くように権力とズブズブの関係だから何も書けないんでしょうね。

 安倍晋三の人民日報の産経新聞と、自民党機関紙の読売新聞は論外ですが。

 この国の新聞からは、ウォーターゲート事件のような記事は書けないのでしょうね。

 

 
スポンサーサイト

<< Ya!Ya!Ya! THE BEATLESが日本にやってきた日 | ホーム | 舛添というエリート属の意識 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP