プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2016/04/30 (Sat) 07:57
車を選ぶ人の気持を読み誤った三菱自動車

 三菱自動車の変わらない不正体質に依って会社の存続が危ぶまれています。

 これが三菱系でもなければ前回の不正時にとっくに潰れていたはずですが、三菱商事、三菱重工という日本で超がつく大企業が両方から支えられてかろうじて存続してきたハズにもかかわらず、前回の不正に懲りずまた同じような事をしでかしました。

 本来ならこんなに不正を働く企業は社会的にも抹殺すべきなはず。

 われわれ建築業界が不正を働いた場合には国ぐるみで抹殺されますが、ここは三菱という体制ベッタリの企業だからこそ、権力者側にとっては建築業界並みにあっさりと抹殺できない事情が見え見えです。

 
 思い起こせば、建築業界での不正といえばすぐに思い出すのがあの姉歯事件。

 姉歯の構造偽造後の大掛かりな構造偽造問題の発覚と、ソレに伴う国交相官僚の机上の(ここのところ、三菱の不正と同じ)理論で建築基準法を改悪し、やたらと無駄な確認審査の厳格化が生じましたが、ソレに依って建築工事が激減し、耐力の乏しい建築会社も倒産の憂き目にあった数はかなりのものでした。

 然し、その無駄に過剰に厳格化した確認審査の方針を決めた当の官僚の担当者には、いまだに回復しきれないでいる建築業界を大不況に陥れたという建築基準法の大改悪という前代未聞の悪法を作った責任も問われず、その後順調に出世したご様子。

 実にこの国は、江戸時代から権力者側の寵愛を受けた者は、裁判官も同様に人権や人命を奪うような失敗をしても責任をとらない社会構造になっています。また、国民もお上のすることだからと、唯々諾々と従っているのでしょう。

 一時、政権から抜けたとしても、自民党一党独裁が戦後延々と継続できるのも、世界に冠たるこうした羊のような国民性の賜物。

 その体質を見ると、モロに体制側企業の三菱自動車も今回の不正でも三菱グループで守られるでしょうし、国も建築業界への対応とは違う対応をすることでしょう。

 しかし、三菱自動車は軽へのニーズを読み間違っています。

 確かに燃費は今の時代、選ぶ際の目安にはなっていますが、カタログ通りの燃費が実走で確保できるなんて誰も思っちゃいませんよね。

 実際、プリウスに乗っている人に聞くと皆が皆、カタログ通りの燃費を出すためには後ろの車から煽られるくらいにゆっくりとスタートさせ、止まる時も早めにゆっくりブレーキを踏んで緩やかに止まるような運転をするくらいじゃないと駄目だと言っています。

 聞いてるだけでとても、そりゃおまわりさんはそういう運転をすすめるでしょうが、現実的な運転にはならないということがわかります。当のおまわりさんも、パトカーはそんな運転してんの?

 普通の人が仕事で普通に運転すると、カタログ数値のいいところ8掛けがまず殆どの車に当てはまるのは常識でしょう。

 だからリッターあたりの燃費が2,3k違ったって、比較検討する際の購入するための判断基準はデザインしか無いハズ。

 ダサくて目も当てられない(残念ながら三菱自動車にはこれが多い)けど燃費がとてつもなくいい車と、デザインは魅力的(国産にはなかなかないのが残念ですけど)だけど燃費が少々物足りない車とでは、どちらを選ぶか、ということでしょう。

 燃費は少々落ちてもかっこいい車に乗りたいってのは、まず殆どの人が同意してくれるものと思います。

 燃費は確かに大事だというとこは否定しませんが、それが車選びの最優先ではないってことが三菱にはわかっていなかったんでしょうか。

 三菱に限らず、国産メーカーは、なんでもっと魅力的な車を作らないんでしょうか。

 現在の車のフロントデザインは性格が悪そうなツリ目のヘッドライトが主流で、どれ見ても区別がつかないくらいです。TOYOTAの新型プリウスを街で見た時にはトカゲの新種のようだなと思ったほどで、全く異様としか思えませんでしたが、それが売れているってのがこれまた驚きです。

 とマア、話がどんどんずれてきていますが、話題は三菱。

 企業存続までも危うくさせるような不正をさせた燃費って、そんなに大事なのかねー

 国策だからと言うならば、昔のソ連にあった車みたいに、燃費だけを再優先した目も当てられないデザインを無料で欲しい人に提供すりゃ、文句をいう人はかなり減るでしょうにね。



 
スポンサーサイト

<< 選挙目当てのポーズだけの震災見舞いの男 | ホーム | 昨日は博多駅は大混雑でした >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP