プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2015/12/04 (Fri) 08:08
春日市の職員採用試験が廃止

私が住んでいる春日市が、来年度の職員採用試験を廃止し、面接で可否を決めるという全国的にも初めてという方針を出したというニュースがありました。

春日市の職員と話をすると民間企業で豊富な経験を積んだ人材が入りやすくすることが狙いのようです。確かに民間経験者は、学生からそのまま役所に入った人のように役人風をふかした上から目線的なところがなく、それだけに我々も深いところまでお互いに意見交換ができ、その結果がより良い結果に繋がることが確かに在るようです。

この地で役所の仕事もすることが多いですが、春日市の職員は親しみやすく、役人風情とした人は他の市に比べると少なく感じるのは贔屓目かもしれないと思っていた所、現場監督と話をすると、彼も同じように感じるそうな。

それ引き換え、ここの県庁の職員の態度の悪さはどうしようもない。

東京にいた頃も、都庁や各区役所、横浜市役所などで建築確認申請や建築相談をしてきましたが、そろいもそろってこれほど態度の悪い役人は他に経験ありませんでしたので、何だこいつらは、と思わざるを得ません。

建築の申請上の法的相談の担当者は当然、県の職員ですが、そんなことも知らないのかという無表情な口調であからさまな態度で接せられては、思わず胸ぐらをつかみそうになることも度々あったことも事実。
今より若い頃は直に抗議したこともありましたが、そういうことも馬の耳に念仏。もっと始末の悪いことに、検査でいじわるされりする経験をすると、もはやこの連中、まともに相手する気が起きなくなってしまいます。

以前やっていた県の仕事も、担当者の余りの横柄な態度の悪さと、それに対し私自身の忍耐の限界を感じましたので、もはや県の職員と共に仕事に取り組むことは無理だと判断した経緯があります。

もちろん皆が皆そうではないでしょうが。
子供の頃仲良くしていた近所の幼なじみが田舎の県の職員になり定年退職後に子供の頃以来、再開した時はすっかり役人的な性格になってしまっていたのには驚いたものです。

役人根性ってのは、そういう性格志向のものがなるだけではなく、その職場が作り出すものなんでしょうか。

しかし国の仕事をしている人の話を聞くと、県の職員どころではなく、もっとひどいそうな。

一体この国の役人ってのはどれだけ偉いんでしょうか。流石に役人大国だけのことはあります。

役人にあらずば人でなし、なんでしょうね。



スポンサーサイト

<< 無くならないブラック企業 | ホーム | あれはなんだ、鳥だ、飛行機だ、うんにゃ、隕石ばい >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP