プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2015/09/19 (Sat) 07:40
独裁者誕生

 自民党の政治屋の中で最も危険な政治屋だと思っていた男が首相になった時、戦後最悪の首相が誕生したと思いました。

 戦後最低の首相があの何でもひとごとにしか考えない低能ぶりを遺憾なく発揮している森なら、最悪は安倍だと思っていました。そして、森は安倍の政治の師匠とのこと。やはり低能同士は近づきやすいという好例。

 昨日、日本の平和憲法を無視し、主権者である国民の意見を無視し、幼稚な自分だけの考えを押し通し、力ずくで憲法無視の法案を成立させました。

 このレベルの政治屋を国民40%が支持しているという情けない状況の中で、知力不足の故に何が日本にとって大切かを見極める能力も持ち合わせず、アメリカに媚びることでアメリカから褒められることに喜び、自国民に対する適切な対応を持ち合わせませんでした。アメリカという国が自国に有利かどうかだけの判断基準を持つプラグマティズムな国だということが分かっていれば、日本がアメリカにとって有益でなくなれば安保条約なんぞはあっても何の役にも立たない条約であることは明らか。

 そんな国に、どうぞ自衛隊を好きなだけ使ってくださいと、アメリカ皇帝に自衛隊の全てを貢ぐような形の法案を、アメリカに褒めてもらいたいだけで強引に成立させてしまいました。

 それにしてもかの平和福祉を詠い、自民党の歯止めになると言った政党は消えてしまいましたね。次世代の党とかやらの泡沫政党は所詮自民党の亜流なので、野党づらするほうがおかしい。さっさと自民党に戻るがよろしい。

 安倍ルフが首相になってから、ひたひたと独裁国家に向かって着実にそのための法案が成立しています。 

秘密保護法案然り。国にとって都合の悪い情報は主権者であるはずの国民に知らせないというご存知の法案。
マイナンバー制度。国民の財産やプライバシーを国が把握するという法案。国民は国にすべてを管理されることは明らかです。
そして今度の戦争法案。アメリカに付き従って自衛隊をどこにでも提供しますということ。

 国民はどうせすぐに忘れるという驕り高ぶった発言をただただ苦笑いして聞き過ごしますか、それとも国民をナメるなよと力を見せますか。日本が本当に国民主権国家なのかどうかが問われる時が来ました。

このまま独裁者アベルフの横暴を許しますか?

ナチス化した自民党に選挙でまた投票しますか?

 
スポンサーサイト

<< 一級建築士とマンション管理士の立場 | ホーム | 災害の多い国の最大の災害は >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP