プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2015/07/18 (Sat) 11:19
再びの「これが日本だ、僕らの国だ」

 昨日は新国立競技場のすったもんだに関して、安倍や森の発言に呆れるは笑えるはの一日でした。

 そもそもこの二人、戦後日本の首相の中でトップ1,2を争う低能ぶりは周知の通りですが、森が期待通りの発言をしましたね。たった2500億円を出せないのかとか何とか。

 さすがの他の追従を許さないトップ低能レベル。座布団ものです。
 
 そこまで言うならご自分でその「たった」の金額を自分の懐からポンと出してみせれば拍手喝采でしょうに、まあ所詮この男もやはりこの程度のレベル。その金だって出処はまともじゃなさそう。

 それにしても納税者の感覚を理解できない低能者が首相経験者(それもバカさ加減を露呈した発言が原因で驚くほど短期間でしたが)として以前は自民党のフィクサーとして君臨していたし、議員を引退したにも関わらず今でも何かと政治に対して睨みを効かせているこの国の政治の姿って、本当に民主主義なのかと改めて考えさせます。

 関連する話ですが、舛添都知事はこの新国立競技場の建設費負担に対して息巻いていましたが、森から現物支給を受けた途端ふにゃふにゃになるお粗末な姿を見て、東京都民は石原慎太郎以来、連続して続けてろくでもない人物を知事に据え置いた不幸に嘆いていることでしょう。

 そして低能首相ランキング第二位の安倍。その低能ぶりを改めて更けてくれました。

 国立競技場は「国民の皆様の声を聞いて中止とした」という発言には、どの面下げてだよと思ったのは私だけではないはず。噴飯物とはこのことか。
 
 どうしてこうも口先だけの誠実さのない人物を相変わらず40%の人が支持しているのか理解しかねますが、戦争法案強行採決の影響で下がり始めた支持率を底上げしようという猿でも分かる魂胆に笑えましたが、またそれにおめおめと乗っかる国民も出てくるのも確かに居ることでしょう。

 それにしても文科省大臣、関係官僚。揃いも揃ってこれほどの無能さを思い知らされるとは、いち国民として情けない。

 戦争法案の強行採決よりも、この国立競技場を中止するほうが、国民は覚えているというヤンキー麻生の言うとおりだろうとは残念ながら思います。

 安倍はこの新国立競技場を戦争法案から国民の関心をそらす目的で利用するだろうとは十分予想出来ましたし、その手法は独裁者が国民の不満をそらす目的で他にターゲットを示す手法と同じ。北朝鮮、中国、ロシア、韓国、全て同じです。

 「これが日本だ、僕らの国だ」という「遠い世界に」というフォークソングがありました。その時はこの歌詞に未来に対する希望が持てましたが、いまやこんなに情けない国だという意味に聞こえてきます。
  
 
スポンサーサイト

<< 何事にも責任を追わない国民 | ホーム | 安倍の、安倍による、安倍のための政治 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP