FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2007/09/27 (Thu) 14:06
体育会の体質

今年の6月に死亡した時津風部屋の力士の死因が、暴行による疑いが出てきたとの記事がありました。

稽古にきつさに逃げたのを捕まえて、親方がビール瓶で頭をなぐり、その後に兄弟子から暴行を受けたということのようです。

しかし、この国の体育会系のこうした暴力的体質は、軍国主義国家から戦後の民主主義国家になってからも現在まで延々と変わらず続いています。

学校や地域活動における運動部では、先輩後輩の軍隊のような縦割り体質が確固として存在し、先輩の前では直立不動でなければならず、訳も無く暴行を受けても耐え忍ばないといけないと言う体質は、軍隊との違いが無いのではないかと思います。

体育会に限らずこの国の学校の部活動や寮生活、プロスポーツの世界で、このような体質が多かれ少なかれ存在し、それをまた伝統だからと言う浪花節的なレトリックで丸め込まれて、社会的にもそんなものだからという認識で容認してしまう。
その間、何も問題が発生しなければ誰かが異議申し立てをしても、その人物を制裁して口止めさせることが多く見られます。このことは会社組織においても見られますね。

体制に逆らうな、そういう体質だから文句を言うな、文句があるなら痛い目にあわせるぞ、という考えには、暗黙的にこの国の体質を物語っているようです。

このような陰の体質は、その体質を表出しているアウトロー社会のアナロジーになっています。

1年は奴隷、2年は平民、3年は天皇、4年は神様と呼ばれているヒエラルキーを大学時代に所属した体育会系で聞かされたとき、なんと言う馬鹿げた体質だとあきれました。

大学と言う現在の社会の中では知的階層?と呼ばれている連中でさえ何の疑問も持たず、それにしたがっている風潮に、心から嫌悪感を覚えてしまいました。

そんな気持ちでは練習にも身も入らず(というのは言い訳カモ・・)、結局1年で辞めましたが、実に不愉快な感情しか残りませんでした。
高校時代に所属していたクラブではそのような体質を持っていなかったので、大学の体育会がこのように前近代的な軍隊的体質を持ち合わせているとは思いもよりませんでした。

その影響かどうかわかりませんが、いまもって先輩風を吹かせる学校の卒業生や、選挙時にはぺこぺこしていながら当選してしまうと不遜な態度をとる政治屋連中には反吐が出ます。

もういいかげん、馬鹿げた軍隊調の体育会なぞ止めませんか。
精神論が通用しないのは戦争で痛いほど分かったはずでしょうに。

相撲もそうですが、それが伝統だからだという考えでしょう。

相撲もモンゴルのわがまま男に振り回され、制裁をしても腰砕けになってしまいました。今度は殺人事件にもなりかねないような事態になっています。これが後生大事にしてきた伝統の結果ですか?

国技もこれじゃ先が思いやられますね。

スポンサーサイト



<< おらぁ三太だ | ホーム | マウスの実験 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP