プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2015/04/28 (Tue) 14:35
日々のこだわり

仕事柄、きれいなモノ、美しいモノに対していつも見るように心がけています。それは建築は勿論、工芸品、電化製品など。

モチ、女性も  (^^)v

TVや映画で登場する背景などにアッと目を引くようなデザインの建物や製品があると、ストーリー関係なく見てしまうのはご同業者同様です。しかしそこに比嘉愛未のような美人女優が一緒に画面の中にいたらどっちを見るのか、な、悩みます。きれいなものは何でも見たいですから。目がウロウロして多分落ち着かないことでしょう。

見た目に綺麗に見えるこだわりは、例えばバーボンウイスキーを入れるグラスのデザインにコダワルには当たり前だのクラッカーとして、そこに入れる量にもこだわります。

どこまで入れたらこのグラスに一番きれいに見えるのかを、毎日実験。

それを横目で見ている我が妻。飲んでしまえば同じじゃないの、と曰いし。

アーわかっちゃねーなー、なんでコダワルのか。
日々、こうしてどうすれば綺麗に見えるかを実験し、体験し、その中身を粛々(安倍シンゾーとスガが使うと問題の言葉ですね)と厳かに飲んでいるってのに。

その中身の減り方にもこだわりがあるってのも、なんだかなーでしょうが、これっていつもやっていることです。

氷の減り方、バーボンの減り方、氷が溶けてバーボンの色が薄くなって言った時のグラスとのハーモニー。とかなんとかかんとか・・・・

感性を磨くというささやかな行為だとか何とか屁理屈つけていますけど、ま、単に毎日バーボンをチビリチビリと飲んでいる言い訳に近いってのも、確かに有りで。。。(^_^;)

前にも書きましたが、私はトータルで多分30時間は乗っていない自転車(なんつったって坂と階段だらけの長崎の出だもんで)も好きなデザインです。特にスポーツサイクルであるドロップハンドルの軽快さ、シャープさは、自転車の構成部品はわずかにもかかわらず、非常に魅力のあるデザインだと思っています。

できれば観賞用に一台買いたいくらいですが我が清貧事務所の経済事情からはとても許されるはずもなく、きれいな建物、きれいな女性同様、ただただ見るだけに徹します。

そして今使っているパソコンの具合がおかしくなったら今度こそMacを買います。良いデザインの製品を身近においているだけでも感性は磨かれると思うので。。。。。

そう考えると、機能優先の機械はどうにも我慢できなくなりますね。

しかしかっこいい製品は値段もかっこいいものねー・・・・(T_T)


スポンサーサイト

<< あれってUFO? | ホーム | 地道な努力 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP