プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2015/01/27 (Tue) 11:29
省エネのための改修-4

 住宅の為の省エネ改修として窓、内壁、外壁と書きましたが、今回はエネルギーロスが10%の三番目に多い床に関して書きます。

 床は日本人にとっては直に触れる機会が多い部位です。ダニ等の害虫を減らす目的として採用される板貼りが住宅の床材としてこれから先も主流になっていくでしょう。ということで床の板貼りを前提として進めます。

 まず床の構成は、木造を前提として、床下の土間空間に束、大引き、根太などを組み合わせて床板を根太の上に貼り付けることが一般的です。断熱に神経を使っていなかった時代はこれで床の作りはほぼおしまいです。床材の厚みによってはその床材の下に合板を捨て貼りして床の強度を増す方法もありますが、床の構成自体は変わりありません。

 床板に触れるとどうしても冷たく感じます。板貼りですので一般的にはスリッパを履いているでしょうが、長く使っているとどうしても臭いが付いてしまうことと足のムレも嫌なものなのでついついスリッパを脱いでトコトコ歩く方も結構いらっしゃるでしょう。かく言う私めもその一人。その時は、足裏が冷たくなってしまいますね。いくらエアコンをつけていても足先は冷たい。メーカーがいかにも足先が温まりますよ、てなCMを流していても、言うほどじゃねーじゃねーかとツッコミを入れたくなるのは、大いにその気持、わかりますね。
 
 そこで床の断熱が必要になるわけです。床が冷たくなければそれだけで快適度が上がります。床暖房が人気があるのもそうした理由から。ただしそれに罹るコストは快適かどうかはあなた次第。

 手っ取り早いのが、床板を乗せる根太の間に、根太と同じ厚みのグラスウールか根太間に挟める形になっているプラスチック系の断熱ボードを取り付ける方法。

 プラスチック製品は根太の間に挟んで載せられるような金具もありますが、グラスウールの場合はそのままではまもなくだれて下がってしまいますので、垂れ防止用の受け材を根太下に取り付ける必要があります。

 この場合でもグラスウールを押えて厚みを減らすことは避けましょう。前にも書きましたが、グラスウールの断熱効果はその質量と同時に所定の厚みが確保されていないと期待できません。

 一般的には床断熱はこういう方式で意外に簡単ではありますが、注意するポイントは間仕切り部分や外周廻りの壁に隙間を取らないことです。隙間があるとそこから空気の移動が生じて、断熱効果が確保できませんので、そういう部分にはしっかりと通気止めを取り付けてください。

 床下断熱では浴室の断熱が異なる方法になります。

 現在では住宅でもユニットバス(UB)を使うケースがだんだんと増えてきていますが、そうではない従来の浴室では床は洗い場やバスタブを置く部分の下にはコンクリートがありますが、そのコンクリートの下にプラスチック系断熱材(押出法ポリスチレンボード スタイロホームやカネライトフォーム等)の厚みは30㍉以上を敷き詰めるようにしてください。これは新築時でないとなかなか大変な工事になりますが。

 UBの場合は、今やバスタブを断熱材で覆うなどの断熱効果の高い製品ができていますが、まだ洗い場、壁、天井はパネル一枚の製品が一般的ですので、浴室廻りの壁にはしっかりと断熱材を貼りこんでください。天井面は断熱材が取り付けられませんので、床下同様にグラスウールの受け材を取り付けてその上に断熱材を壁の断熱材と隙間ができないよう連続するように乗せてください。

 UB廻りの断熱は基礎断熱の方が効果的です。

 次回は基礎断熱のことを解説します。

 
 それにしても後藤さんの安否が気になります。
 
 安倍は日本人がイスラム国に拉致されたことを事前に掴んでいたにも関わらず、しかも外務省職員が、ヨルダンではあまり刺激するような発現を控えるように助言したにも関わらず、安倍は拉致された日本人のことを顧みず、「このタイミングでヨルダンで発言できることはラッキーで、世界が安倍の発言に期待している。」などと述べたそうな。
 
 その発言を聞いた外務省職員は、この男の感覚は普通じゃないと思ったそうです。

 広島の土砂崩れの際も、一報があったにも関わらず無視してゴルフを続け、今回もこのような行動を取る男。
 
 我々はこの程度の、あまりにも幼稚で自己顕示欲の強い男を国の代表として置いていることを、もっと真剣に考えるべきことではないでしょうか。日本人の将来よりも、己が歴史に残る為の行動が鼻につきます。

 せめて後藤さんの身代わりに俺が行く、とでも言えば日本人の圧倒的な支持を得られるだろうに、このオボッチャマにその気概も期待できるはずもないですよね。

 
スポンサーサイト

<< ご冥福をお祈りします | ホーム | 拉致された日本人 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP