プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/12/15 (Mon) 16:50
私の車が水陸両用車に変身

 土日と、所用で某島へ向かいました。

 わずかしか離れていないため、現在は橋がかかっているにもかかわらず、我が愛車に付いているナビに目的地の住所や電話番号を入力しても、ルートが検知できないと出るばかり。

 んならシャーナイ、近くまでのコンビニかなんかを入力して、後は道路標識を見ながら走るっぺと、九州人なのに何故か茨城弁で呟きながら高速道路をとことこと走り続けました。

 目的地近くのICで降りてナビの未だに顔を見たことがないおねーさんの声の指示通りに走り続けること一時間。ナビに入力したコンビニに着きました。

 さてこれからどっちにいきゃいいのかいなと思いながらコンビニで聞き取り。幸いに橋の案内が道路に立っていたのでそのとおりに走行していると、ナビに載っていない橋が見えてきました。

 この道しかないとどこかの低能自己中傲慢不遜の党首が吠えたごとく、他の道がない田舎道を走り続け橋の上を走行。

 さてさてナビではどう表示しているかと見ると、予想通り海上走行の表示。

 あれま、私の車、知らん間に水陸両用車になっとったい(*_*)

 おっどろいたなー。しかし笑えるなー

 帰りも当然、水陸両用車状態でした。ガハハ

 オーイ、ワーゲンさぁーん、知らん間に変身しとっですばい・・・



スポンサーサイト

<< またもや国立競技場問題 | ホーム | 省エネのための改修-3 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP