プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/10/19 (Sun) 09:16
阪神おめでとう

 阪神がプレーオフでジャイアンツを4タテで下し、日本シリーズへ駒を進めました。
 阪神ファンならとっくにご存知のことですが、野球関係を一切見ない私には、今朝の新聞で初めて知った次第。
 
 リーグ優勝したジャイアンツに4タテしたという快挙に、アンチジャイアンツとしては阪神だろうがなんだろうがとにかくやれ嬉のこと。

 実はわたしは子供の頃からずっとジャイアンツファンでした。長崎じゃ子供の頃、TVで見る野球はジャイアンツ戦だけ。しかもその頃は長島や王がいた時代。そりゃ強かった。

 誰しも長島の背番号3を付けたがったし、長島をテーマにした歌もあって皆歌ったものです。♪さんさんさんさん長島さん、さんさんさんさんミスターさん♪という歌ですが、若い人は聞いたことないでしょうね。紀元前の話です。もちろんここにある「さん」は背番号と長島さんの両方の掛詞ですが、子供の頃はこの「さん」に通知表の「3」の替え歌もありました。

 というように昔はジャイアンツファンでした。
 大学は大阪でしたがそこは阪神ファンの巣窟。ジャイアンツファンは敵でした。ところが東京に行くと廻りがほとんどジャイアンツファン。職場で朝の挨拶代わりが前日の試合。勝った時は盛り上がり、負けた時は戦犯を糞味噌に罵っていましたっけ・・・・遠い遠い時代です。

 何故アンチになったかというと、読売の社主が九電同様に傲慢不遜なあの渡辺。野球界のルールを自分の都合のいいように変える姿勢と他球団の主力選手やドラフトに事前に金で釣り上げる露骨なやり方とともに、読売の自民党に対する提灯記事満載の昔からの姿勢が、わたしをアンチ読売、アンチジャイアンツ、そして野球に興味を無くすように仕立ててくれました。

 多分渡辺のことだから、今年の結果から、プレーオフは無くせとわがまま放題に言うことでしょう。

 渡辺が吠えると誰も止められないプロ野球オーナー会議も存在意義がない。原発会社から金をもらっていながら原発の安全性を審査する会長に就任した田中東大教授がいる原発安全審査会と同じ。

 とまあ、このへんにして、兎にも角にも阪神おめでとう。

 しかし、長いなー・・・まだこれから日本シリーズか。 

スポンサーサイト

<< 荷の思い仕事 | ホーム | 床下と天井の点検口 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP