FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2007/09/12 (Wed) 08:16
兼業主夫

私の事務所はマンションの5階に有り、以前は事務所だけで利用していましたが、1階にはスーパーがあり、私鉄駅とJRの駅に歩いてそれぞれ3分と5分程度と言う立地のよさから、市内のほぼ中央にあった自宅のあったマンションから家族が3年前に引っ越してきました。

猫と一緒に。

それまでは一人でいるには十分な広さで、自宅に帰るのも面倒な時には3LDKの広さ(といっても、平面的な工夫もしていないプランでよくあるように、そのうちの1つは窓も無い物置としか使いようの無い部屋もカウントされていますが)で寝具も置いてましたので、泊まりこむこともしょっちゅうあり、通勤時間数歩の職住近接どころではありませんでした。

そのように優雅?な状態からあっという間に手狭になり、足元では二匹の猫がしょっちゅう飯よこせぇーとまとわりつき、壁は猫の爪とぎで悲惨な状態になってしまいました。

稼ぎの悪い旦那(私のことです)のせいでカミサンも勤めていますので、たいてい屋内で仕事をしている私が専業主夫状態になって、いつの間にか自然と毎日の洗濯物干しや布団干しなどの家事労働をさせられる羽目になってしまいました。
ただし、料理のほうは皆目ダメで、お湯を沸かすことぐらいなら出来ますが。

朝、スカッ晴れなので布団を干したまま打ち合わせに出かけたり現場に出かけたりした時、帰る頃にわかに曇りだした時にはもう大変です。

大慌てで戻り、布団を取り込んだ瞬間に雨粒が落ちだしたということも何回かはあります。
これこそまさに「007危機一髪」なんてカッコイイ話ではないですが、ホント、兼業主夫って大変ですワ。

大阪で動物の孤児院のようなところに勤めている次女が、彼女が飼っている2頭の犬を連れて帰ってきたときは、犬と猫とがうろうろいしていて、ここは設計事務所か動物園かぁ~っと言いたくなるくらいそりゃもう大変でした。

ま、娘の犬は2頭とも大人しい犬だったおかげで、猫との覇権争いのような紛争は勃発しませんでしたので、我が家の事務総長の私としてはやれやれといった気持ちでした。

ま、それにしても、我が家の猫と犬を含めて私以外は全てfemale。

ハーレムです・・・・・クゥ~ッ

今、足元で、猫どもが飯よこせと訴えているので、いまからやんなきゃ。

ヤレヤレ



スポンサーサイト



<< お坊ちゃま君と我料理の才能 | ホーム | 重要伝統的建造物群保存地区 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP