プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/06/16 (Mon) 13:33
ネットで見かけた情報

今回はネットで見かけた建築関係の笑える情報をアップします。

まずはこれ

「何も考えないで作っただろ・・っていう建築物21選」
http://rocketnews24.com/2012/01/12/171550/

パッと目にはどこがどうしてと一瞬頭が混乱してしまうのがありますが、とにかく笑えます。
と同時に、結構こんなミス起こしそうな気がするのが怖い。

トイレ関係は話題が豊富

「そりゃないだろう!」っていうトイレ
http://rocketnews24.com/2011/11/05/149401/

「シンプル過ぎるトイレ」
http://rocketnews24.com/2011/11/06/149739/

最後は、ここまで来ると公衆トイレも立派なアーキテクチャーになっている例を紹介します。
我が国の公園にある臭い、汚い、暗い、危険な公衆トイレとの彼我の差を思い知らされます。

「世界の素晴らしい公衆トイレランキング1位に選ばれた公衆トイレに行ってみた」
http://rocketnews24.com/2011/10/31/147434/

 公衆トイレは、コンペなどでも実施されるケースがどんどん増えてくると面白いものになると思いますが、なかなかその行政地で設計入札で最安値を出した設計事務所に発注するケースが大半です。しかもぎりぎりの最低限の予算しか組まないために、落札した設計事務所も思い切った提案など出来るはずもなく、単純に要求されたものを満たすだけの状態です。

 建築雑誌に取り上げられるような建築的表現が出来る事務所は、功成り名を上げた事務所です。そしてそのトイレが雑誌に取り上げられて、ますますネームバリューが高まるというのが実情です。

 
スポンサーサイト

<< アベルフ・ヒトラー | ホーム | 無責任国家 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP