プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/05/07 (Wed) 08:36
洗面所の排水つまりの改善

 洗面器に水を流すとサラサラと流れないで、水が溜まってゴボゴボという音を立ててゆっくりと流れる状態になりました。掃除用ブラシを無理やり突っ込んだり排水管掃除用の液を流し込んだりしましたが効果が全く効果無し。やむを得ず本日実力行使。


CIMG3728_2014050714385773b.jpg
まずは現状の保存。パイプを外した後、
修理に一生懸命になって最初はどんな状態だったかを忘れることも多々ありますので。


CIMG3729_20140507143958d6c.jpg
この逆J型のパイプを外します。外すときに水漏れ防止用のゴムパッキンがありますのでそれは失わないように


CIMG3730_201405071441158b9.jpg
指先の赤い色をしたのがそのゴムパッキン。長年経つとこのパッキンが劣化して硬くなり、止水効果が無くなることで漏水を起こしますので、その時はこの部分のパッキンのまるごと交換することになります。


CIMG3731_20140507144214b24.jpg
曲がりやすいブラシ付きワイヤーを突っ込みます。何回か突っ込むとゲル状の黒い塊が取れました。とくに曲がった先のところにごっそりとついていました。そこには洗面器の排水口からいくらこのブラシを突っ込んでも届くはずがないとろだし、パイプ用掃除用の液体でも対応できないところでした。


CIMG3732.jpg
とれた汚れ。特に大きい塊が上に書いた場所から取れました。

 ブラシを抜くたびに手にも顔にもこの汚れのつぶがはねて着きますので、気持ちの悪い人はゴム製の手袋とゴーグルやマスク等をしたほうがいいかも。

 側に居た我妻。このブラシの汚れを取るために洗面器で洗おうとして、思わず「おいおい、俺は今何をやってるんだ。」と突っ込みました。

 ったく、相変わらずのボケ妻です。(-_-;)

 それはともかく、流れも良くなり、ひとまずよっしゃよっしゃ。

 流れが悪くなったらブラシを突っ込んだり液を流し込んでもあまり効果がなく(特に液はプロ用を使ってもあまり改善が見られません)、こうして実力行使でにでたほうが短時間(所要時間7分程度)で効果的だということです。

 皆様も実践あれ。


スポンサーサイト

テーマ : 建築 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 浴室手入れあれこれ | ホーム | 水戸岡鋭治氏デザインの列車 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP