FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/04/26 (Sat) 08:59
水戸岡鋭治氏デザインの列車

仕事で博多駅で列車待ちしている時にJR九州で評判の列車が来ました。その時の画像です。
ガラケーで撮ったので、画像を拡大すると荒れるのはご容赦。

デザインは、JR九州のユニークな列車デザインを手がけている水戸岡鋭治氏です。

デザイナーの才能は優れていることながら、こういうデザインを受け入れるJR九州に拍手です。

我々同様にクライアントの理解がないとなかなか工業デザイナーも実作が生み出せませんが、理解のあるクライアントに巡り会えると能力が大に発揮できるいい例だと思わされます。


140329_0932~01
空いていたホームに静々と入ってきました、今話題の7つ星。
ご存じの方も多いでしょうが、この7つは九州の県の数を表しています。


140329_0930~01
手前にはデーンと構えた鉄道公安員。邪魔!

140329_0931~01
ガラス越しの室内。やっぱり反射してわかりづらかった。内部には入れませんから。

140329_0931~02
客室にあると思われるテーブルスタンド。リッチマンしか直に目にすることは出来ません。
ボンビー人にはこうしてガラス越しでしか目にできません。


7つ星ではありませんが、こちらも人気のある由布院の森号

TS3W0406_20140426084839db3.jpg
博多から由布院まで乗車する列車です。床を高くセットして、阿蘇の景観をダイナミックに見ることが出来るらしいです。
乗ったことがないもので不確かな情報です。

しかし、やはりユニークです。

水戸岡氏のこういう一連のデザインが認められて、今や外国の列車のデザインも手がけているようです。

やはり世に出る人は、才能はもちろんのことと、その才能を認めてくれる人との出会いですね。

もちろん、水戸岡氏はデザイナーとしてもその業界ではすでにメジャーだったようですが、現在のように広く知られるまでは無かったものの、キッカケはやはりJR九州の一連の列車のデザインから。

現実的には萌芽の可能性のないところには目も出ないことは確かなことです。



スポンサーサイト



<< 洗面所の排水つまりの改善 | ホーム | 杖立温泉で見かけた建物 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP