プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2014/02/12 (Wed) 08:44
オリンピックと日本

ソチオリンピックが開催されて、毎日のようにメディアで日本のメダルが獲れただ取れなかっただとかまびすしいこと。

個人的に言えばメダルの数など興味もなく夜なべしてまで見る気もなく、ダイジェスト版さえ見て結果が分かればそれでいいという気持ち。しかしそれにしても思うことは相変わらずメダル確実と言われ、金メダルしか視野に入れないような報道された結果、普段の力が出せなかったという残念な結果が多いこと。女子ジャンプの沙羅さんもそう。

事前にあまりにも過熱報道を見て、ああこの子はきっとメダル取れないだろうなと予想していましたが、残念ながら予想どうりになりました。

ここで気になるのが浅田真央選手。
ライバルがかの日本をいじめるのに血眼になっていて日本人が不利になるようなプレッシャーをかけることに何の恥も外聞も後合わせていない国の選手であれば、会場での状況も予想できます。

彼女は団体戦でもロシアの選手の直後に出場して動揺したせいか、ジャンプミスを犯しました。

個人戦になればなおさらのこと、かの国の民族は相手が日本人とくればひたすら日本が負けるように仕向けるはずだし、そのプレッシャーは想像に難くありません。

ライバルの選手の先に演技ができることを祈るばかり。
その選手の後になると、そりゃあ嫌がらせは予想しただけでも激しいものでしょう。

こうなるとサッカーワールドカップの日韓共同開催って何の効果もなかったようですね。

真偽のほどはわかりませんが、それも本来は日本単独開催に決まりかけていたのをかの国が横やりを入れてきた結果、日韓共同開催になったとのことらしいですね。

それが事実なら、とにもかくにも日本に対して嫌がらせをすることを国是としているような国のようです。

それはさておき、なんにしても正々堂々と戦ってほしいものだし観客もそういう姿勢を持ってほしいものです。

日本の観客も日本人としての矜持を持って応援してほしいもの。
たとえ相手が勝ったとしても、それが正々堂々とした判定ならば心から拍手をしましょう。

古来、日本人は己の感情を押し殺して外見上は平然として何事もなかったように行動することを美徳としてきました。

かの国やその元支配者であった国の民族との違いはここにあります。

しかしそのことが日本人をして外国から理解できない民族と思われる原因でもあるのでしょう。

反省すべきことは、主張すべきことは主張することであり、思想が違うからと言って相手の考えを封じ込めるような態度をとることは控えるべきこと。

そんな人格形成のレベルアップを目指すのが有りうべき生き方だと思っていますが、それとは反対の姿勢が見えたのは今回の都知事選で肩書が立派でも品格のない人物が安倍の取り巻きに多いということ。

そのいい例が対立候補をゴミ呼ばわりした百田。

この男の増徴ぶりは、特攻を美化し戦争を美化するような本と映画が大当たりしたうえに安倍のお気に入りでもあり我が物顔で右翼の選挙応援をしましたが、そのとたんにこの男の品性のなさが割れました。

テロリストを賛美したどこかの女性の大学教授など、何時の間にやらこのような劣悪な人物が出てきたのかと驚くばかり。

こんな思想をもった人物から選ばれたのが、同じ穴のムジナのNHK新会長。

橋下も同様、安倍の登場以来、この国は妙な連中が肩で風を切って闊歩しています。

ナショナリズムを刺激されたオリンピックの舞台で、金メダルを国のためにとれというプレッシャーに選手が負けて押しつぶされた選手に同情します。

金メダルの数が国力じゃあるまいし。

ナチスドイツが国力を誇示するために開催したベルリンオリンピックのアナロジーになっているのかしらね・・・

しかし次回の冬季オリンピックはかの国だそうな。日本選手に対してまともな判定ができるのかしらと今から心配です。

恐ろしや恐ろしや!



スポンサーサイト

テーマ : 思うこと - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 建築業界を憂う | ホーム | 地盤の話 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP