プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2013/11/29 (Fri) 17:57
関西国際空港、見たばい

昨日、所要で大阪に飛行機で行った折、関西空港に降りました。
1994年9月4日開港の有名な関空です。

第一ターミナルビルの国際コンペでイタリアのレンゾ・ピアノが勝利し、その特徴的な外観が評判を呼びました。

開港からすでに20年足らずですが、大阪市内でも南の方にあるために私にしてみれば初体験。

着陸する前から窓の外を凝視しつつ、その全貌が見えてきた時、ああ飛行機よ止まれと祈りましたが、んなことあるわけ無いですしね。窓ガラスにデジカメを向けたもののガラスの汚れや水滴などなどでとても無理。

やむを得ず飛行機(江戸っ子はシコーキっつうんでしょうけど)から降りて出口に向かう間にこれはと思えるところを撮りました。

デジカメの向こうにガードマンがじっとこっちを監視する目線を何するものぞとばかりに。

これもモチっとすると捕まって拷問うけんるん出ようね。安倍ヒトラーが強行採決した秘密保護法案で。

ま、それは別にして、その時の写真が下に。

なんだかわからない青い色のタワー
特徴的な屋根の形を支える部材。

やっぱり外観を撮りたかった。
飛行機の窓からはよく見えましたが、撮影は無理でした。

出発ロビーなら撮れたのでしょうが、所詮私はビジター。関空に降りたのは初めてですから。


骨組み
上の写真を撮った同じ場所にあったなにか面白そうな外観。
何の部屋でしょうか分かりませんが、明かりの取り方が面白い。

大きな吹き抜け空間に入れ子状態にこういう部品をいれこむ手法は、より大空間を強調する手法として使われています。

私も好きな手法です。

ここで写真をとっている時、ジーっと見ているガードマンさんあり。

スミマセン。
怪しく見えますけど、怪しい者じゃないつもりです・・・・


なんだか分かないけど妙に面白い
空港で荷物受けを出てから次のフェーズに至る通路の、大きな吹抜け空間に並ぶブリッジが見えます。
色合いが面白い。

吹抜けにブリッジの手法は空間にダイナミズムを醸し出します。


天井
なんだかよくわからないけどこの空間に青い色と形が面白いオブジェ的構成。
なんだろう・・・・


田舎もん、丸出しですけん。


吹抜けにあるブリッジの連続
上にあるブリッジに光を落としているトップライト。


時間の余裕がなく、急ぎ足で過ぎてJRに乗り換えたのであまりじっくりと見れませんでしたが、それはともかく

関空、見たどー!

スポンサーサイト

<< 新たなファシストの誕生 | ホーム | 地盤インスペクター受講 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP