プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2013/06/24 (Mon) 08:01
富士山

世界遺産に富士山だけでなく三保の松原も登録されたというニュースで沸き立っています。

富士山は私も子供の頃から好きで、実物を目にしたいという気持ちを持ち続けていましたが、大学を卒業して就職が決まって東京に向かうとき、新幹線の窓から富士山が見られるとそれだけが嬉しかった記憶があります。ただ残念ながら雨天で富士山の裾野もはっきりと分からず、有楽町から東京駅に向かう間にビル群が雨で薄汚れて見え、ああ、俺はこんなに空気の汚い所で生活するのだと、気持ちが萎えたものでした。

それはともかく、勤務先のフロアーから遠方に富士山が見えたのには感動しました。
夕方、暮れなずんでいく空に夕日を背景に黒いシルエットの富士山が見えた時、しばらく見とれていました。高層ビルがない時代にはさぞや東京からも綺麗に富士山が遠望できたのだろうと想像するのにも難しくないほどでした。

あるとき仕事で富士宮で打合せをしていた時、そりゃもう富士山は目の前です。でかいのなんのって。
地元の人に、毎日富士山が目の前にあって羨ましいですねと話すと、生まれて当たり前のようにあるので何の感動もありませんとあっさりいなされてしまいました。まあ、そりゃそうです、毎日感動してた日にゃ身が持ちませんもの。確かに何年も東京にいると、最初の頃の感動も薄らいでしまいます。

東京から離れてもう25年以上経ちました。
富士山を見る機会もなくなりましたが、今回の世界遺産。たしかにやっぱり綺麗な山です。が、近くで見るとゴツい。なんとなく優美な姿なので女性的な印象を持ちますが、やっぱりごつい山です。

三保の松原も同時に世界遺産。
これで観光業者も売上倍増を企てています。それはそれで心配になります。
土産物屋さんがワンサカと開店し、客引きが激しくなってしまうと、落ち着いた景観も台無しになるのでは。

これは、長崎の大浦天主堂の周りのこともあるので。
私が子供の頃の大浦天主堂は、教会建築でも有り、周囲はそれほど喧騒のある場所ではなかったのですが、今や天主堂の廻りは観光客目当ての土産物屋が軒を並べて、歩く観光客への声掛けが激しく、そのために地元のものもワズラさしさにあまり近づかなくなりました。そしてますます、事情の分からない観光客目当てに呼び込みが激しさを増している状態です。

そんな現実を知っているだけに、世界遺産登録=観光客が激増=土産物屋さんがこぞって店を開く と言うことは、土産物屋の売上競争が激化し、呼びこみ競争で周辺の環境が劣化するという事にならないことを祈るばかりです。

それはともかく、世界遺産登録、おめでとうございます。

関係者の努力も報われて、さぞやお喜びのことでしょう。

富士山は、遠くにありて思うもの

タハハ(^^)v パクリです。m(_ _)m

PS/ここで私のCMです。
ン年ぶりにホムページを更新しました。
去年、四国の某市で公衆トイレのオープンコンペが有り、学生も応募できるということでしたので、学生が応募できるのならかなり思い切ったデザインも提案できるのじゃないかと思い応募したプランを載せました。

結果は玉砕でしたが、私としては結構気に入っていました。

そもそもオープンコンペそのものが少なく、たいていはその建物の設計実績がある者に限るという制約があります。美術館にしても博物館にしてもこの国のコンペはほとんどそう。その条件を満たす事務所はほぼ大手かメジャーな建築事務所くらいしか応募出来ないような仕組み。

役所でも民間でも実績がないと認めないという、この辺がこの国が活力を失う一因だと思っていますが、今度の都議選でもその傾向が顕著になりましたね。

それは話題が違うので、兎にも角にも、ホムページを更新するのも久しぶりなので登録方法もすっかり忘れていました。使っているソフトはホームページビルダーですが、実に実に面倒くさい。もっと簡単に出来んもんかと毎回思います。

と長々と書きましたが、興味が持てましたら御覧ください。

右上「リンク」欄の「松尾和昭建築計画室の紹介」をクリックしていただければ私の事務所のホムページに飛びます。




スポンサーサイト

<< 吉村 昭さんの著作 | ホーム | 可能性は >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP