プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2013/04/30 (Tue) 08:21
商店街の活性化

前日、私の出身地である町の再生のためのミーティングに初めて参加して来ました。

この会合は月1回されていたようですが、何ヶ月もの間、私が多忙を極めていたために一度も参加できず、ここに来て漸く初参加出来ました。

会合に度々参加している中小企業診断士の有資格者として定年後独立して経営コンサルタントとして活動している長兄から、いろいろな人を紹介され、其のたびに名刺を交換しますが、一度に何人も名刺を交換すると、そのうち誰が誰だかわからなくなってしまうのは相変わらずの癖。

ま、いっかと毎度の調子で机に座ってしばらくするとミーティングが始まりました。

参加者は再開発対象関係者として私と兄二人、市場関係の理事二人、百貨店関係者二人。
街造りのコンサルタント的な会社の面々3名が真正面に陣取り、其の横にはメインバンクの**銀行3名がこれまた銀行員らしく目立たずさりとて金はこっちが出すけんねオーラを盛大に出していました。

コンサルタントの手渡す資料を元にのっけからの丁々発止のやり取り。
私は仕事柄、どんな施設になるのかという視点で見てしまいますが、他の方々はどうしてもマネージメントに集中した議論になります。

今までの経過説明の資料を読んではいたものの、やはり生身の議論とは月とスッポン。開発プランの方に神経が行ってしまった私には議論の中身がほとんど見えないまま終了。頭の上に?マークが百個くらい立ったまま、席を立ちました。

理解できなかった内容はおいおい整理するとして、提示された開発プランはいわゆるたたき台として作られたものなので、ステレオタイプそのもの。何ら町としてのコンテキストもなく、この場所を再開発したらこんな建物が建ちますよという教科書に出てくるレベル。

しかし町としてのコンテキストだとか商店街が持つポテンシャルや歴史的背景をどう表現するのかという、当方として関心事のある議論に至るまではまだまだ先になりそう、と言うより、そういう事に関心がある人は参加者の中に居そうになかった実感です。無理の無い話ですが、ひたすらお金の話に修練されていました。

確かに経済あっての事で、建物の老朽化に伴う管理上の問題、商店街が持つ周辺環境の急激な高齢化に伴う経済的な沈下、同じく商店街に進出してきた100円ショップによる売上の減少など、さまざまな問題点をあげつらうと経済的なベクトルでのミーティングになるのは致し方のないこと。

建築の専門家として再開発に加わることは立場上ほぼありえないことにしても、提示されたたたき台があまりにも検討していないのがあからさまな計画案には、これから先の建築的な方面に対する協議には何らかの発言をせざるを得なくなりそうな気がしています。

大規模開発になっていますので設計はコンペ方式にするのどうかという方針もこれから詰めていくことになりそうです。

生まれ育った商店街の再開発ですので、私もなんとかこの商店街がまた活性化して欲しいと願う一人です。私も建築計画などに参加できればと思っていますが、無名な個人事務所じゃ相手してくれなさそうです。

しかしたとえ建築専門家として設計に参加できなくても、少しずつ建築士として私の考えも伝えて行こうと思っています。

今現在ではお金の話が中心な上に参加したばかりなので、ほとんど話の筋道が見えていないというのも事実ですが。

単体の建築のデザインを考えるのも楽しいですが、商店街を呼び覚ますための活動をすることで町が活性化出来れば、建築士として社会の役に立っているという実感をより強く得ることが出来るのではないかと思います。

スポンサーサイト

<< 定期講習会に行く | ホーム | 終わりよければ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP