プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2013/04/03 (Wed) 09:37
傲慢な九電

ここ福岡は市場経済社会の国にふさわしからざるほどに独占企業が多いのに驚きます。

東京から移り住んだ時、福岡市内及びその近郊のバスは一部の地域を除きほとんどが西鉄。私鉄は西鉄だけという事実に驚いたものでした。

そして電気はいまや傲慢を絵に描いたような九州電力。

独占ではないにしても老舗のデパートとして胡座をかいてきたI屋という地方百貨店や、今はなきFC銀行というのも有りました。

振り返ってみると老舗という座に胡座をかいてきたデパートは、お客サービスをないがしろにしてきたために単独では存在できなくなり、Mと業務提携してかろうじて存在しています。

東京から移り住んで間もない頃、このデパートで買い物をしようとし契約駐車場を知りたくて電話した時、そのようなものはありませんと言われたのに驚いた記憶があります。
今時そんな殿様商売が通用するなんて驚き、と。そんなものが通用するなんて、さすがに田舎のデパートだなと。

今でも殿様商売をしている傲岸不遜な電気会社がありますが。

FC銀行はN銀行に吸収されました。
この銀行、行員の接客マナーは銀行とは思えないほどに最低でした。

私が独立の際に口座を作るとき、書類上の説明をする男性行員が片方の手をポケットにいれながらつっけんどんな説明をしました。
何じゃこいつはと思いましたが、そういう考えはコチラはお客様だぞという傲慢な気持ちからくるものだと思い自制しましたが、この銀行もやはり田舎者丸出しの地方銀行なんだと納得しました。
東京では都市銀行員の洗練されたマナーが当たり前と思っていましたので、社員教育もされていない銀行があるということだけでもある意味新鮮でしたが。

そして今、上記しましたように前者はMデパートに吸収され、後者はなくなりました。

何を言いたいかというと、このように傲慢な会社や老舗ということだけであぐらをかいている会社は生き残れない社会だということ。

そして今や九州地域で傲慢の代表格の九州電力。
この会社の傲慢さには新聞記事を見るたびに不愉快にさせられます。

経営が苦しいと言いながら、社長を退任した相談役という人物3人に年間9000万もの報酬を出していることに驚きました。さすがに値上げ原資から外すように国から指導され、しぶしぶ原資から外し金額を下げたものの、今日の新聞には年内に再値上げの意向を社長が述べたとの記事が載っています。

驚くことに、再値上の際は今回のような審査を受ける必要はなく、書類提出だけで認められるそうな。
やはり国から保護されている電力会社。

一般の企業なら、経営が苦しい時は経営陣や社員の給料を押えることに努力をし、それが限界になって漸く値上げという段階を踏むところを、この地域独占企業は競争相手がいないことを傘に来て、原発が動かせないなら再値上げをするぞとの居丈高な社長の記者会見。

上に書いたように傲慢な会社はいつの間にか消えていくのは事実。
将来、電気が発送電分離になってより安い電気を買えるようになった時、九電を選ぶ人は激減するでしょう。

長い間自民党から保護されてきた通信事業が民間参入が可能になって自由競争に揉まれて以来、NTTが苦戦している事実を九電さん、どう見る?

いまは競争相手もおらず、気に入らなくても九電から電気を買うしか無い独占企業だからこその傲岸不遜に高圧的な発言ができても、社会の仕組みが変わった(自民党に出来るはずもないですが)後、あなた方の会社は存在しないかもしれないよ。

あなた方の民衆を舐めきった態度や行動は、決して忘れないぞ。

スポンサーサイト

<< 木材の復権 | ホーム | プチリノベーションの画像 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP