プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2013/02/27 (Wed) 08:37
我が家の超小規模リノベーション

今、我が事務所兼自宅の浴室、洗面所の小規模リノベーションをしています。

元の洗面所は無駄に広く、おまけに洗面所に入らないとトイレに行けないプラン。
まあ一般的ちゃ一般的なんですが、平面プランがあまりにもお粗末すぎて、洗面脱衣所がこんなに広くなっちまったって口じゃないかって思っていますが。

ユニットバス(UB)も新築当時からのオリジナルなので、かなりの旧式。

このUB、入居する前の人がどんな使い方していたのか、ひょっとして物置にしかしていなかったんじゃないかと思えるほどの汚れ具合でした。私やカミさんがどんなに一生懸命に汚れ落とししても、FRPにこびりついた汚れなので薬品を使わない限り取れない。

密室で薬品は怖いので2004年に入居以来、諦めていました。

いつかは取り替えたいとずーーーっと思っていましたが、これも先立つモノがモノを言うことは身にしみています。そしてそのモノからいつも言い負かされてきました。

それでもこの仕事をしている関係上、全く気に入らない現行プランを大々的にあらまほしきプランに変更する案を作成することも度々。そのたびに、これじゃ予算は数百万掛かるな~ということもあって、諦め続けて来ました。

しかし、使いづらいプランを我慢するほど私は我慢強くないぞーとばかりに、数年ごとにリノベーションして来ました。
最初は娘の部屋、娘が進学で家を出た後は、細切れの部屋の間仕切りを取っ払ってワンルームに改造、などして来ました。

それでも浴室や洗面所は水回りなので最もコストの掛かるところ。なかなか出来ませんでしたが、やはりきっかけというものはあるもの。

そのきっかけは、娘が帰省したおり、入浴時に私がトイレに行けない。

上記したように、トイレは脱衣洗面所を通らないと行けないプランなので、トイレにいくためには脱衣室に入ることになります。
その時、もし娘がスッポンポンの状態だったら、いくら我が子とはいえお年ごろ
父親でもバツの悪い思いをさせられます。
娘がすっかり着替えてくるまではひたすらトイレを我慢することも度々。

強いて言えばこれでしょうか。
元のプランの下手くそさも我慢できないこともありで。

今度は洗面所を通らないでトイレに行けるように変更します。

本マンションは規約でリフォームなどをする場合は理事会の許可が必要なので私も出しました。

理事会で変更図面を説明すると皆さん興味津々で、プロのリノベーションは一体どう考えているのかとのこと。
UBの入れ替えを考えているという方も数名。

超小規模のリノベーションですが終わったら内覧のご案内をしましょうかと提案しました。

その時にはこのブログにもビフォーアフターの写真を掲載するつもりです。

だいたい私のブログは文字ばかりで写真があまり出ませんが、写真を載せようとすると写真の解像度が高すぎて駄目になるケースが多く、やり替えてもやり替えても跳ねられ、結局諦めてしまうことが多いんです。

携帯のカメラなら可能性がありますが、携帯のカメラは広角に映らないので、どうしても広角のデジカメで撮ります。これが解像度を高く設定しているものだから、跳ねられます。

わかっちゃいるんですが、撮るときは忘れてしまっています。
痴呆の走りかも・・・・(-_-;)

さてさて、今回はどうなるんでしょうか。








スポンサーサイト

<< ピンホールをなめたらあかんぜよ | ホーム | 現場に侵入者の足跡が!! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP