プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2013/02/24 (Sun) 08:23
現場に侵入者の足跡が!!

現場で土間コンクリートを打った後のこと。

現場監督から土間コンクリートに夜間に侵入者の足跡ありとの報告を受け、すわっ、深夜の資材盗難かと色めき立ち現場に直行したところ、確かに足跡がくっきり。しかも、アチラコチラに結構な数の足あと。

こっ、これは・・・

TVの三流番組なら、ここでCMというところで気を持たせますが、そう、私も気を持たせますよー!

ところで、先日の娘の彼氏の来訪。

緊張しましたが、彼氏のほうがもっと緊張していたんでしょうか、実に多弁。
お陰でコチラはあまり喋らなくてスンだのは良かった。

大学で建築を専攻したそうですが、いまは建築とは全く分野の違う職業についていて、仕事が終わった後に将来のために学校に行って勉強に励んでいるそうな。

感心感心。

建築を専攻していたということもあったせいか、建築士として仕事を続けている私をしきりに感心してくれましたが、いやぁ~、一生懸命生真面目に仕事に取り組んでいるだけだからと、私も照れてしまい謙遜しまくりました。

メジャーな人なら「当たり前だのクラッカーだ」と、歌舞伎風に見えも張ったかもしれませんが。

私みたいな奴に対する慰めの言葉に「大器晩成」という実に都合のいい言葉がありはするものの、私の場合、晩より深夜に近くなっているんですけどね。

今だに成ならずです。

自宅で小一時間ほど話した後、お酒でも飲みながらということで近くの静かな小料理屋さんに移動。
刺身でもつまみながら会話。

娘はこの時とばかりに盛大に注文することすること。
私は財布の中を気にしながら安い料理をチョボチョボと・・

娘は一端の社会人になっても、コンなトコロは子供の頃と変わらないのは可愛くもあり嬉しくもありで・・・

なかなか好感の持てる青年でしたが、そりゃあまあ話を途切れさせないことに一生懸命なんだろうとはついつい同情してしまいます。

私も少々酔いが回ってきて、後半は話を聞くばかり。

それにしてもあまり私と目線を合わせなかったなー。そんなにキツイ目つきしてたかなー。
目付きがキツイのは普通で別に睨んじゃいないんだよって、娘がフォローしてくれればいいんですが。

・・・・・

で、ここでCMも終わり、足跡の話。

犯行はニャンコどもの仕業。

これってゴキブリホイホイ並にコンクリートに粘着性があれば、アチコチに猫が固まってたろうねと現場監督に話したところ、今度からその手を考えますとのこと。

犯人に告ぐ。
これからはコンクリートの土間の上を歩くときは靴(長靴だと新しい児童文学になるかも)を履いて来いよ。
そうじゃないと、足が抜けなくなるぞ。


スポンサーサイト

<< 我が家の超小規模リノベーション | ホーム | ♪あ~っ、あしたのいまごろぉはぁ~♪ >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: Re: にゃんこ

> お久しぶりです。
>
> 現場であれやこれや話していたところ、一説によると、という説で、
> コンクリートが固まるときに出す凝固熱が暖かくて来るのかも。
>
> というもっともらしい意見もありました。
>
> でも、夏の暑い盛りにもニャンコどもの足跡が付くよね。
>
> という意見に対し、
>
> そうね、でも猫は寒がりだから夏でも暖かいのがいいのかも
>
> ということで、じゃあそういうことにしようと三人賢者?の見解はまとまりましたとさ。
>
> 娘三人いると、誰しもこんな経験をするんでしょうね。
> 最初の娘の結婚式の時のバージンロードで娘と腕を組んで歩くときは、正面を向いていると涙が出そうなのを
> 下を向いて必死でこらえましたが、この手が次も効くとは限らないですからね。
> 一度涙がでると際限なく出そうな気がします。
>
> 歳とともに涙もろくなるということはよく聞きますが、それって真実ですね。
>
>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP