プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2007/07/30 (Mon) 13:21
選挙結果に関して思うこと

昨日投票に行きましょうと言った手前、今日は選挙の結果に関して書きます。

結果に関しては私としては予想外でした。
どこがと言うと、この国をアメリカの属国に仕上げた売国政党がもっと減ることを期待していましたが、少々意外でした。

カルト教支配下の政党も解党状態に至るまで減ることを期待していましたが、やはり狂信的な信者に支えられているせいか寸前でとどまりました。

しかし、今朝の新聞によると、この政党、売国党との連帯を見直すとかナントカ書いてありましたが、やっぱり都合のいいほうに鞍替えすることに長けているコウモリ政党の面目躍如といったところですね。

さすがは利に聡い池田の御意のままといった調子でうまく立ち回るんでしょうが、そんな政党が狂信者以外のまともな知性を持っている一般国民の支持が得られると思ったら大間違い。

その昔、オウム真理教の松本が国政に立候補した時、トップ当選のつもりでいたようでしたが見事に落選したのちのオウムの現況を鑑みても、オウム同様としか思えないこのようなカルト教団の政党は、早晩消滅して欲しいと願っています。

しかし、今度の選挙は、売国党のお粗末な代表者と彼が選んだ同じ穴のムジナ連中がいろいろなことを起こしてくれたことと年金問題が原因になった結果なんでしょうが、いってみれば野党支持が増えた結果でもなんでもないわけです。

したがって、これで浮かれて国政で売国党と同じようなお粗末な議員連中が輩出したら、あっという間に売国党が盛り返すでしょう。

次の衆議院議員選挙では、このゆり戻しがあると思った方がいいかもしれませんぞ。

それにしても旧社会党、現在の社民党の衰退の激しさに驚きます。

社会党時代に政権を採って、これでアメリカに媚びないまともな国にしてくれるものと期待したのですが、当時の代表の村山によって、それまでの社会党の党是であった安保反対、自衛隊の廃止などをあっさりと捨て去り、なおかつ野に下った自民党と連立政権を作り上げたことで、当時の社会党支持者は裏切られた思いで社会党を見限った結果が今に至ったものじゃないかと思っています。

私もその一人ですが、社会党のその豹変振りを目の当たりにして、とても信用できない政党だと思い込みました。
売国党となんら変わらない。
その結果、それ以来社会党、社民党には投票していません。

今の社民党の低落のきっかけは村山富一に責任があると思っています。にもかかわらず、あいかわらずトンちゃんとか言ってもてはやす社民党の馬鹿さかげんには、もはや救いがたいと思うのは私だけでしょうか。

参議院の過半数を野党が占めたのはまあよしとして、問題は衆議院ですね。あれだけの安定多数を売国党とカルト党に与えてしまったのですから。

安倍が血迷って衆議院を解散して総選挙になった場合、今度の選挙は野党の力で勝ち取ったわけじゃないので、揺り戻しが起きることを懸念しています。

政権はヘマをしたら相手側に取られてしまうという緊張感があって初めて、国民にとっていい政治をしようという気が起きるものだと信じていますし、このことが民主主義の本来の姿だろうと思います。

戦後の一党独裁政権を許している状態では、大金を献金している大企業や少数の金持ちのための政治をして一般の国民に向けての政治は行うはずがなく、ひたすらアメリカ大統領に褒めてもらいたくて言いなりになって郵政民営化などのようなことを国民の反対の声も無視して力ずくで行うような政治屋の台頭を許している国民にも責任があります。

政教分離の憲法違反の政党を政権維持のために認めるような暴挙を許していることも。

政権を取り合うような政治体制になるような政党を育てる器量を、我々国民もそろそろ持ちませんか。


スポンサーサイト

<< 建築行為 | ホーム | 明日は投票日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP