プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/12/21 (Fri) 08:51
医師の診察料に思う

今日は冬至です。
明日からは少しずつ昼の時間が長くなると考えると、気分も良くなりませんか?

私事ですが、今、高脂血症の治療を続けています。

体重は60kg、お腹の廻りは78cmなので見た目には普通なんですが、健康診断のたびに高脂血症と出ます。

医者も見た目にはそんなに見えないので、遺伝的に肝臓の処理能力が弱いんでしょうと。
そういう体質の人は運動療法で下げるのはかなり困難なので薬物療法しか無いと言われました。

仕方なく今年の6月から毎日薬を飲み続けています。

昨日、その薬が切れたので病院に行きました。

薬だけ貰えればよかったのに、診察室に呼ばれ医者と二言三言の会話をしてお終い。

毎度のこととはいえ、わずか十数秒で診察料として2,320円。
3割でこれなので実際は7,700円あまり。

この調子で一日8時間労働でいくら稼ぐかと単純計算すると、2,217,600円。

一日ですよ。

ボッタクリバーよりもすごい。

でも半年の実働で5億稼ぐ野球選手のほうがボロ儲けですが。

さすがに金がある日本医師会の努力で医者の診療報酬はこのように恵まれています。

翻って我が建築設計業界はというと実にお寒い限り。

国交省告示で報酬額が記載されているにしても、あくまでも目安にしか過ぎず、結局足の引っ張り合いで働けど働けどの啄木状態から抜け切れません。

工務店や建築会社の下請けにならざるをえない事務所も数多く存在し、設計料は無料ですという謳い文句に負けてしまう日本人的体質は変わらない。

診療報酬を高くしようと画策している日本医師会は、自民党が政権に復帰したら即行動に移すことでしょう。

国会議員に多いのは、弁護士と医者と元官僚。

その連中が立脚している業界を保護するのは己の票に直結するので一生懸命になるのは明らかですが、建築業界はどうなんでしょうか。

公共事業で食っていっている業界では、官僚どもの横暴にも逆らえない。

そういうことを考えならが薬を手にしてとぼとぼと帰路に着く我が姿は、そがれていく建築設計業界のメタファーでしょうか。


スポンサーサイト

<< 2013年1月2日 | ホーム | 選挙結果 >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 美容整形外科医 麻生泰のコメント

> はじめまして。
> 美容整形外科医 麻生泰です。
> 素晴らしいブログですね。
お読みいただき、有難うございます。しかも褒め言葉までいただき、恐縮です。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP