プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/11/30 (Fri) 13:02
雨後の筍

魑魅魍魎どもの生き残りをかけて、烏合の衆共の群れの離散集合を繰り返して来るべき衆議院選挙に向かって、打算、策略、陰謀、裏切り等が駆け巡る毎日を送っている政治屋の皆様方、今はせいぜい有権者に媚びまくることですね。

当選したらこっちのもの。
屈辱の日々を乗り越えた暁には今度はお前たちを高みから見下ろしてやる、と内心では思っていても、今はそんな気持ちをおくびにも出せない気苦労は如何ばかりかと、お察し申し上げます。

さてさて、既成政党を見限って新しい政党が雨後の筍のように出てきました。

かの橋下も、確か維新の会を設立した当初は既製の政治家は入れないとのたもうたはず。それがいつの間にやら極右の石原とくっつくのみならず、原発廃止を唱えていたのも忘れたかのように石原の言うがままになり、変節を追求されると相変わらず逆ギレして訳の分からないレトリックを駆使しています。

まあ、出が社会の敵であったサラ金専門の弁護士で稼ぎまくっていた奴ですから、言葉のレトリックは専門家。
依頼者がどんな所であれ金になれば弁護するという意識の弁護士稼業で稼いできたからには、なまじの議論には勝てるでしょう。人としての品格は無くとも。

まあ、この男の底の浅さもこんなものだと。

掃いて捨てるほどゴミ同然の自民党公明党民主党を始めとする政党が数多できましたが、どれもこれも琴線に触れるところもなく、選挙ではどうしようかと悩んでいた所、日本未来の会が立上り、他よりましのようだなとおもいきや、あの卑怯者の小沢が触手を伸ばしてきました。

嘉田代表がきっぱり断るかとおもいきや、行動を共にすると来た。

もうここもダメだな。

小沢って男の手にかかるとどの政党も消えてなくなるのは周知のとおりにもかかわらず、相変わらず小沢ですか。

しかも、小沢の取り巻き連中は、こちらの言うとおりにしろと脅しをかけている様子。

見た目そのものの恫喝政治屋団体。
日本の政治の低レベルの象徴。

今度の総選挙で、極右の安倍や維新の会が勝つと、戦前と同じような空気になる可能性が予想できます。
自分は安全な所身をおいて言葉だけは勇ましい連中ほど、いざというときには真っ先に逃げるのは歴史が証明しています。

石原、橋下、安倍の底の浅さをしっかりと見極めましょう。







スポンサーサイト

<< | ホーム | 馬鹿 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP