プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/05/31 (Thu) 09:01
本の話

今回はいつもの?建築の話題ではなく、建築以外の読んだ本に関することを書きます。
ただし世間の評価とはかなりかけ離れたあくまでも個人の感想です。

世に世界的文学と言われる本がわんさかありますが、正直ってそのほとんどが面白く感じられない。
特に外国の著者の場合、訳者がヘボだと、まったく読んでいても情景が浮かんでこないので、ますます面白くない。

「老人と海」
有名な本ですね。薄いし、あっという間に読めるだろうと買いましたが、正直、退屈。
まあ、薄かったので我慢して読破しましたが、おもんなかった。

「怒りの葡萄」
この本、中学校の頃に最初の方だけ読んで続けなかった本です。
出だしの印象が強かったので購入し、日曜日にいざいざと読み出しましたが、まあ、会話がだらだらと続き、情景の展開がまだるっこしい。訳もいかにも田舎者風に「おらあ・・・しただ。」というふうなステレオタイプの訳し方。
英語がそんな方言、使ってんのかよ!とツッコミを入れたくなるくらいのダサさに辟易して、途中でabandon。

あ、これ、大学受験の時、赤尾の豆単を必死で覚えようした最初のページに意味深に載っていた単語です。
「放棄する」 って意味ですね。
これだけは一発で覚えましたが・・・・・

「カラマーゾフの兄弟」も読んでみたいと思っていましたが、この本を読んでから読むのを諦めました。
難解と言われている上に、多分、同じように面白くなさそうだし。

「海辺のカフカ」
国際的作家と言われる村上春樹の有名な本。
上下巻(文庫です)を一度に買ったものの、後悔しました。
はっきり言って面白くない。わけが分からんというのが正直なところ。
まあ、それが春樹本だからという人には面白いと思うんでしょうが。

一度に下巻の方も買ったので我慢して読みきりましたが、苦痛の一言。
不思議な内容だったのだけは印象に残りましたが、世界的作家が書く文学が大好きという人には受けても面白けりゃいいというだけの私には全くOUT。

「白い犬とワルツを」
ただ読んだだけ。何も印象に残らなかった。

「吾輩は猫である」
言わずもがなの本ですが、ユーモア小説のカテゴリーに入るのかどうかはわかりませんが結構考えさせられる本でした。
それにしても明治時代の文豪の本は漢字が多い!

まだまだ書きたいところですが、一度に書くとネタがなくなるので(^^ゞ

続きは又の機会に、乞うご期待
(んなもん、誰も期待して無いわ・・っと陰の声あり。聞こえませぬぞ)

スポンサーサイト

<< My Voice | ホーム | FLライト再び >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP