プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/03/29 (Thu) 13:09
上部康明に死刑執行される

12年前にJR下関駅構内で通り魔殺人事件を起こして死刑が確定していた上部康明に、刑が執行されたというニュースがありました。

おおよそ20年ほど前、この上部は私がいつも構造設計を依頼している事務所にいました。
その時は私も同じビルの同じフロアーで事務所を置いていましたが、ある日の夕方、相談に乗って欲しいと事務所にやってきて話をしたことがありました。

相談内容としては、事務所が残業続きでキツイという事。要するに愚痴。
彼の所長と私が親しいので、所長に直接言えないので私から進言して欲しいというような意図だったようです。

それから数カ月後に事務所を辞めたと聞いてから数年後に、この事件が起きました。

ニュースで名前を聞いた時、最初はピンと来ませんでした。が、翌日、構造事務所の所長に聞いたところ、まさにその上部でした。

二人だけで話していた時には精神面の異常さを感じませんでしたが、なんでも責任を他に転嫁しているような性格っぽいなと感じたのは確か。

彼の元所長の話では九州大の修士卒とのことでしたので、すこぶる頭脳明晰ではあったらしいのですが、精神面が弱く不満を持ちやすい性格だったとのこと。そういう性格だからこんな事件を起こしたんだろうと。

その彼に死刑が執行されたそうな。

いくら頭脳明晰に生まれようが、それが世の中に役に立つ前に自分で自分を破滅に追い込んでしまった。なんでも深刻に考えるタイプだったんでしょう。
私の印象は、物事をキチンと整理する律儀な性格だろうなと思いました。根はすこぶる真面目な男だったんでしょう。

世の中に対する不満を持ち続けたのでしょうが、世の中と自分に折り合いをつけることが出来なかった。その結果自暴自棄になって人を殺してしまったのでしょうか。

今となってはどんな顔をしてたのかすっかり忘れてしまっていますが、今日のニュースで、事務所で話をした記憶が蘇りました。

個人事務所なので他に誰もいませんから、あの当時に精神面で異常になっていたら私も殺されていたかもしれません。そう考えると、ゾーッとします。

私みたいにケ・セラ・セラ的な性格に生まれてくりゃよかったのにね。
そうすりゃ、たとえ悩んだり苦しんでいても、布団に入りゃカミさんから「のび太の実写版」と褒められる?くらいにコロンと寝る特技が身に付くし、翌朝には寝る寸前までの悩みが消えて「何とかなるさ。」という気になれるくらいの精神面での強さ?が身に付くのにね。

そう、私の辞書には「欝」という言葉は載っていません。

スポンサーサイト

<< 松下政経塾の本質 | ホーム | 2011年度 >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

さと様
ご連絡有難うございます。

> 上部元死刑囚と面識があったのですね。

面識というよりブログに書いたように一度だけ話をしたことがある程度で、それまではいつも依頼している構造事務所に優秀な人がいるということだけを、彼の所長から聞いていた程度です。

> 普段、どんな感じの人だったのですか?

一度だけ話した時の印象としては、生真面目な、だけど神経質そうなタイプに見えました。
流石に構造をやるだけのことはあると思いました。
というのも、建築の設計は意匠系に進む人は感覚が優先されていますので、いい意味でのアバウトさがあるんですが、構造は数値で判断されますので、きっちりとした性格が要求されますね。
構造系は、意匠系のようにデザインを決めるのに「こんな感じ。」という感覚の世界ではないですから。

> その時は、そんなそぶりを見せなかったと言う事は
> 何かが、彼を変えてしまったのでしょうか?

自分の世界から抜け出られなくなって世間との整合性が取れなくなったんでしょうね。
彼が事務所を辞めた後のことは全く気にもしていませんでしたのでどこで何をしていたのかわかりませんでした。事件の時のニュースで宅配業をしていたと知りました。

> しかし、その時にそんな感じにならなくて
> 本当に良かったですね。

有難うございます。
いや本当に、あの時、彼が事件を起こした時のように異常だったら、いまこうやってお馬鹿なブログを書いているはずが無いですものね。

> でも、秋葉原の事件もそうですが・・
> 無差別殺人を犯す人って、自分知り合いや家族には
> 手を出すことはしないですよね。

想像ですが、自分は正しくて世間が間違っているという自己中心的な思い込みのような気がします。
自分をこんなに追い込んでしまった世間に復讐をするというロジックだったんでしょうか。
優秀だっただけにそういう思い込みが強かったのかもしれません。
そう考えると、我ながら優秀じゃなくてよかったと、つくづく思いました。
勉強しなかった私を、褒めてあげたい(^^)v

> いきなりコメントをして失礼しました。
> それでは、またブログを拝見させていただきます。
> お仕事頑張って下さいね。

有難うございます。
またコメントいただければ幸いです。m(__)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP