プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/03/01 (Thu) 09:00
アパートの管理費

京都で勤務している娘の車のスタッドレスタイヤが、アパートの駐車場に止めている夜間に4本とも盗られたことがありました。大至急、新たなスタッドレスタイヤを取り付けた翌日、たまたま娘が休みの時でしたが、どこからかトラックでやってきたおっさん数人が娘の車を物色し写真を撮っていたと、部屋からその様子を見ていた娘から電話がかかってきて怖がって泣いていました。

一体どういう目的でそんなことをしているのかわかりませんし、ろくでもない奴らだったら命に関わるので、とにかく出て行かないで、トラックのナンバープレートや人相などを覚えとくように伝えるしかありませんでした。

娘の入っているアパートというのは鉄筋4階建てですが、かなり古く、しかも全く手入れもされていないような建物なので入居者もあまりいなくて半分以上が空き状態という、女の子が入るには治安のほうは芳しくない物件のようです。「のようです」というのも、私が京都に行って一緒に探したわけではなく、娘が京都で嫁いでいる姉と一緒に探したというもので、姉の住まいに近いところという条件でやっと見つけたというようなシロモノだそうです。

地元ならば対応できただろうに、京都じゃどうしようもありません。
タイヤが盗まれた時にも警察に来てもらったそうですが、この時も警察に連絡した所、特に何かが起きているわけでもなければ、重点的に巡回するという方法しか取れないと言われたそうです。

そういうものならそうなんでしょうが、やっぱり警察って所は当てにならない。
こんな対応の仕方しかしないから、結局重大な事件がアチコチで起きているにもかかわらず。やはり体質は官僚的。

アパートの不動産会社にも連絡させましたが、大家から防犯カメラの設置などはコストが掛かるので対応できないと言われたそうです。要するに、嫌なら出て行けと言わんばかり。

そこで私も、そんな物騒なところはさっさと引き上げて安全な所に引っ越せと伝えました。

心細いので一緒に来て欲しいとの連絡が来て、ここは可愛い娘のために人肌もふた肌も脱ぐべと、京都へ妻と一緒に新幹線で向かいました。

まあしかし、安全を考慮したアパートは、やっぱりそれなりの家賃です。
おまけに最高裁の判決で敷金というものが全額返すことになって以来、敷金の制度は無くなり、返さなくていい礼金が高額。

家賃設定の中で、管理費というのも計上されています。最高裁で、管理費は貸主負担になっているはずなのに。
このことを不動産屋に問いただしても、結局こちらは治安が悪いので急遽引っ越すという、いわば弱みな立場もあり、しかもここはいいなというところは人気の物件で、文句を言う奴には借りてもらわなくて結構というような貸主の態度が不動産屋から伝わります。

娘もわたしも妻も皆が気に入ったところでしたが娘の薄給では払いきれない家賃なので、差額を負担してあげるということにしました。管理費の問題は納得行かねーなという気持ちを可愛い娘のためにぐっと我慢して、入居申し込み。喜ぶ娘の顔を見て、まあ、よかったなと。

しかし、この管理費。確かに最高裁では貸主負担になっているはず。
昔、住宅公団(今はUR)に住んでいた頃は、管理費も払っていたんですがね。これって最高裁の判例無視だったんでしょうか。それとも、慣習的にやっぱり管理費って借りたほうが負担するんでしょうか。
そうなると最高裁判決ってなんの効果があるんでしょうか。

法律家じゃないのでわかりませんが、なんだかもやもやした気分が残ってしまっています。

スポンサーサイト

<< 遮熱塗料の効果 | ホーム | 官主党 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP