プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/01/25 (Wed) 11:39
秋入学

東大が秋入学の方針を進め、各大学に同調するように働きかけるそうな。

国際的には秋入学がほとんどだからという理由でしょうが、これには私も賛成。

そもそも春に入学するために、一年で一番厳しい真冬に入学試験を行うというこの国の方針に昔から疑問を持っていました。
皆くぐってきた関門とはいえ、試験会場までの足は、季節柄、寒波に見舞われたら、体が冷え込み、移動するだけで風を引いてしまい、コンディションを崩して結局受験に失敗することってありますからね。私がその口でした。

長崎から試験会場の福岡に向かい、この最初の受験で風を引いてしまい、長崎に帰る列車で熱が出て、一週間寝こんでしまいました。その結果、一年間、A判定だった第一志望大学の受験を失敗したという苦い経験をしています。

秋入学なら真夏の受験になるのでしょう。夏風邪をひくってこともありますが、まあ一般的に考えれば真冬ほどのリスクはなさそうです。体調管理としては冷房で冷やしすぎないってことでしょうか。

官僚養成大学の東大がいの一番に実施する方針なら、この国の官僚のほとんどが東大出なので、奴らのやることならばまず秋入学を何らかの形で他の大学にも押し付けることでしょう。
地元の九大も同調するそうな。まあ、旧帝大同士、仲良くやってください。

ところで、秋入学となると合格電報の文面は何になるのかと思いましたが、よく考えてみたらインターネットで合格者がわかる時代ですから、「サクラサク」なんて電報、もう必要無いんですよね。

この文面、分かる人もだんだん少なくなってきてるんでしょうね。



スポンサーサイト

<< 有機EL | ホーム | 汚染されたコンクリートの再利用 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP