プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/01/05 (Thu) 11:35
プレゼ

今日から民間の会社関係も仕事がスタートしている所も多いと思います。
私は前に書いたようにコンペに向かって元旦以外はプレゼンテーション資料作成に没頭。

しかし、このプレゼンテーションって、どうも苦手。

むかしむかし私が所属していた大学や設計事務所ではプレゼを一切行わなかったところばかりにいたので、最初はどうやって作成するのかさえも分かりませんでした。

コンペに参加する回数ごとにプレゼの重要さを認識しだしてプレゼのノウハウ本も探しだしては読んでいますが、それを読む時間がもったいないと思うと、どうにも読むことに集中できません。

読んでいるうちに頭の中はやはりコンペの図面のことが離れられないので、読んでる最中にフッとアイデアも出るたびに中止してPCに向かい、あーでもないこーでもないとやり始めるとあっという間に2,3時間は過ぎてしまいます。

これがチームでやっているならいろんなアイデアも出るのでしょうが、なにせ単独行動が身についていますので、ひたすら自分との対話を延々と続けています。

そんな状態で行き詰まると本を読んだり音楽を聞いたりTVを見たりでしていますが、息抜きのはずが息抜きにならないってことはコンペに参加した人ならお分かりでしょう。何を見ても何を聞いても頭の中は図面のことばかり。何かヒントはないものかと思って本などを見るので、これって全く切り替えになっていません。

ま、これが楽しいからこの仕事をやっているようなものです。

こんな状態なので、減り続けていたはずの体重も、あっという間に元通り。

メタボ対策でスロージョギングを始めたと年末に書きましたが、これも走っているときに右足のふくらはぎを痛め、それがなかなか治らず、結局せっかく身につき始めたようなジョギングもする気がなくなり、コンペにどっぷりはまり込んだための運動不足と年末年始のアルコール量の増大で、順調に落ちていた体重も今やすっかり元に戻っちまいました。

まあ、むかしから運動し始めて少し習慣付く頃になると必ずといっていいくらいに右足を痛めて続けられなくなり、結局運動の習慣がつかないまま今に至ります。運動に向かないってことでしょうかね。

このいつでも右足の原因はというと、赤ん坊の頃、当時の流行病とかで新生児が同じ病気にかかったうちの私とあと一人だけが生き残ってほかは皆亡くなったという病気にかかり、その影響でか小学校に入るまで右足が不自由でした。今にして思えば多分、小児麻痺っぽい病気じゃなかったのかと思いますが。
右足は左足に比べて骨が少し湾曲していて足のサイズも小さく、これは妻から言われて初めて知ったことですが今でも歩く時は少しびっこ引いているそうです。独身時代に付き合っていた女の子からデートしていてもそんなこと一度も言われたことがなかったのでびっくりでしたが。

そんな事で右足が弱いのは確かですね。
頭もだろうって?余計なお世話です(-_-メ)

なんの話だったっけ・・・

そうそう、プレゼの話だ。

まあ兎にも角にもプランが良くなきゃプレゼもへったくれも無いのでプランを必死に考えていますが、もうすぐ締め切り。早くまとめなくちゃと焦っています。

今年もこんな調子で行きますので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

<< 菊竹清訓逝去 | ホーム | 年末のご挨拶 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP